English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

博物館でお花見を 2018

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 博物館でお花見を

    2018年3月13日(火)~4月8日(日)
    東京国立博物館


    トーハクでの花見

    東京国立博物館(トーハク)は、上野の隠れたお花見スポット。池と5棟の茶室を配した日本庭園に、春には約10種類の桜が咲き誇ります。

    東京国立博物館では、桜の花の季節に恒例の「博物館でお花見を」を開催。本館内では、国宝を含め、桜を描いた絵画や桜のモチーフをあしらった名品などを展示するほか、ギャラリートーク、スタンプラリー、さくらカフェなど、桜にちなんだ様々なイベントも開催されます。

    また、通常は入ることができない日本庭園が開放され、桜が満開の頃にはライトアップも実施されます。展示を堪能した後には、風情があるトーハクの庭をのんびり散策するのもおすすめ。


    博物館でお花見を2018 主なイベント

    ◆本館桜めぐり

    国宝「花下遊楽図屏風」など、桜を描いた絵画や、桜をモチーフにした工芸品、サクラ材の仏像など、桜に関連した作品が展示されます。該当作品は桜マーク付き。

    また、スタンプラリーでは、本館エントランスで台紙をもらい、本館展示室の5つのポイントを巡ってスタンプを揃えると、2018年オリジナル缶バッジがもらえます。

    展示作品例

    国宝 花下遊楽図屏風(部分) 狩野長信筆 江戸時代・17世紀 東京国立博物館蔵 2018年3月13日(火)~2018年4月8日(日)まで、本館2室(国宝室)で展示
    国宝 花下遊楽図屏風(部分) 狩野長信筆
    江戸時代・17世紀 東京国立博物館蔵
    2018年3月13日(火)~4月8日(日)、本館2室(国宝室)で展示

    観桜図屏風(部分) 住吉具慶筆 江戸時代・17世紀 西脇健治氏寄贈 東京国立博物館蔵 2018年3月20日(火)~2018年4月22日(日)まで、本館7室で展示
    観桜図屏風(部分) 住吉具慶筆
    江戸時代・17世紀 西脇健治氏寄贈 東京国立博物館蔵
    2018年3月20日(火)~4月22日(日)、本館7室で展示

    飛鳥山花見 鳥居清長筆 江戸時代・18世紀 東京国立博物館蔵 2018年3月20日(火)~2018年4月15日(日)まで、本館10室で展示
    飛鳥山花見 鳥居清長筆
    江戸時代・18世紀 東京国立博物館蔵
    2018年3月20日(火)~4月15日(日)、本館10室で展示


    ◆春の庭園開放

    庭園開放
    【日時】3月13日(火)~5月20日(日) 10:00~16:00
    (※ライトアップ実施日は19:30まで)

    桜ライトアップ
    【日程】3月30日(金)・31日(土)、4月6日(金)・7日(土)

    さくらカフェ
    【日時】3月13日(火)~5月20日(日) 10:00~16:00
    【ところ】庭園内
    ※ライトアップ実施日は18:00まで、ラストオーダーは閉店15分前
    ※悪天候により中止の場合あり

    庭園風景
    庭園風景


    ◆桜イベント

    「桜ギャラリートーク」や「桜セミナー」、「トーハク能『嵐山』」をはじめ、イベントを多数開催(詳細HP)。


    読者プレゼント

    ※あみゅーぜんの読者5組10名様に抽選で、東京国立博物館の招待券をプレゼントいたします。
    締切:2018年3月11日(日)
    応募ページ:リンクはこちら
    ※応募受付は終了いたしました。
    ※抽選結果の発表は発送を以て代えさせていただきます。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.