English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless

    2018年6月21日(木)オープン
    お台場・パレットタウン

     
    ※5/11詳細を追加しました。

    お台場・パレットタウンは大観覧車、ヴィーナスフォート、トヨタMEGA WEBなどが集まる、お台場のシンボル的な施設。

    パレットタウンにこの夏、本格的なデジタルアートミュージアムが誕生します。

    amuzen 「チームラボボーダーレス」


    デジタルアートミュージアム「チームラボ ボーダーレス」

    MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLab Borderless(森ビル デジタルアートミュージアム:チームラボ ボーダーレス)」は、森美術館や森アーツセンターギャラリーなどでも知られる「森ビル」と、テクノロジーとクリエイティブの融合で人気を博している「チームラボ」の協働によるもの。

    新しいデジタルアートミュージアムは、施設面積10,000平方メートルという圧倒的なスケール感と、多様な空間構成が特徴。チームラボによる東京初の常設展示、フラッグシップ施設となります。

    名称の「Borderless」という言葉には、「作品と作品」「作品と鑑賞者」「自己と他者」の境界をなくし、鑑賞者も作品の一部となって溶け込んでいくという想いが込められています。

    「チームラボ ボーダーレス」MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLab Borderless


    5つの世界、約50作品で構成されるチームラボ ボーダーレス

    1. Borderless World

    人は自らの身体で動き、他者と関係性を持ち、世界を認識する。アートもまた、人々と関係性を持ち、身体と同じ時間の流れを持つ。そのような作品群による、境界のない1つの世界

    Untitled
    Untitled


    2. チームラボアスレチック 運動の森

    「身体で世界を捉え、世界を立体的に考える」をコンセプトに、脳の海馬を成長させ、空間認識能力を鍛える新しい「創造的運動空間」(詳細はこちら

    06 光の立体ボルダリング


    3. 学ぶ!未来の遊園地

    他者と共に世界を自由に創造することを楽しむ「遊園地」。
    ※あみゅーぜんの関連記事

    Hawaii Expo 2017 (amuzen article)
    お絵かき水族館 / Sketch Aquarium
    teamLab, 2013-, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi, teamLab


    4. ランプの森

    人がランプの近くで立ち止まると、最も近いランプが強く輝き音色を響かせます。人に呼応したランプの光は分かれてラインとなり、起点となった最初のランプで出会います。

    Forest of Resonating Lamps - One Stroke teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, Murano Glass, LED, Endless
    Forest of Resonating Lamps – One Stroke
    teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, Murano Glass, LED, Endless


    5.
    EN Tea House ティーハウス

    一服の茶を点てると、茶に花々が生まれ咲き、無限の世界となる。その無限に広がる世界をそのまま飲むティーハウス。

    inside a Teacup teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi
    inside a Teacup
    teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi


    チームラボとは

    プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成された「ウルトラテクノロジスト集団」。

    アート、サイエンス、テクノロジー、クリエイティビティの境界を自在に超えた体験型の作品を国内外で発表し、デジタルアート・シーンを牽引しています。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.