English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

恐竜博2019 国立科学博物館

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 特別展「恐竜博2019」

    2019年7月13日(土)~10月14日(月・祝)
    国立科学博物館

     
    この夏、「恐竜博2019」が開催されます。謎の恐竜デイノケイルスの全貌を世界初公開するほか、北海道で発見された「むかわ竜」も完全公開!

    コアなファンから恐竜に興味のある人まで、必見の特別展がやってきます。

    恐竜博2019


    恐竜展2019のハイライト

    恐竜ルネッサンス」の契機となった肉食恐竜デイノニクスの命名から50周年。

    本展では、デイノニクスの貴重なホロタイプ標本(命名の元となった化石)をはじめとする重要標本とともに、進歩を続ける恐竜研究の最新情報を紹介します。

    デイノニクスの発見により、恐竜は恒温動物だったという「恐竜温血説」、恐竜の一部は鳥類に進化したとする「鳥類の恐竜起源説」など、新しい恐竜観が発展しました(「恐竜ルネッサンス」)。


    ◆デイノケイルスの全貌を世界初公開

    1965年、モンゴルのゴビ砂漠で発見された長さ2.4メートルの前あしの化石。1970年に「恐ろしい手」を意味する「デイノケイルス」と命名されたこの恐竜には、前あし以外の化石が見つからず、長い間「謎の恐竜」とされてきました。

    ところが最近、頭骨や胴体、後ろあしなどを含む2体の化石が発見され、他に例を見ない「想定外」の特徴をもつ恐竜だったことが明らかに。

    本展では、7,000万年前頃(※諸説あり)に生存していたとされる、デイノケイルスの成体の頭骨などの貴重な実物化石とともに、本展のために制作された全身復元骨格を世界初公開します。


    ◆「むかわ竜」が東京に初上陸

    北海道むかわ町で2003年に約7,200万年前の地層から一部が発見され、当初は首長竜とされていた化石。その後、全長8メートルを超える体の8割以上の骨が見つかり、新種の恐竜である可能性が高いことが判明しました。

    本展では、この“パーフェクト恐竜”「むかわ竜」(通称)の全身実物化石とともに、復元した全身骨格を、地元のむかわ町以外で初公開します。


    ◆恐竜研究の最前線を紹介

    「恐竜ルネッサンス」以降、数多くの新種の発見など、恐竜研究は進化しています。

    本展では、卵、子ども、オスとメスなど「恐竜の生物学」から、「恐竜の絶滅」まで、恐竜研究の最前線を紹介します。

     

    恐竜博2019

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.