English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

初春を祝う特別展 静嘉堂@丸の内

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 静嘉堂創設 130 周年・新美術館開館記念展II
    「初春を祝う―七福うさぎがやってくる!」

    2023年1月2日(月・休)~2月4日(土)
    静嘉堂@丸の内

     


    2022年10月に展示ギャラリーを東京・丸の内の重要文化財「明治生命館」に移転して開館した「静嘉堂@丸の内」にて、静嘉堂創設 130 周年・新美術館開館記念展II「初春を祝う―七福うさぎがやってくる!」が開催されます。

     


    初春を祝う―七福うさぎがやってくる!

    福をはこぶ七福神と童子たち、兎の冠を戴く御所人形の一大群像から、中国・日本の寿ぎの絵画、新春にふさわしい宴の器まで、吉祥性にあふれる作品を一挙公開。

     


    「初春を祝う―七福うさぎがやってくる!」みどころ

    ◆昭和の名工による圧巻の御所人形たち

    兎の冠をつけた七福神たちの「宝船曳」と「輿行列」を中心に、「鯛車曳」「楽隊」「餅つき」の 5つのグループによって構成される総数 58 体もの御所人形がずらり一列に並びます。

     

    初春を祝う特別展 静嘉堂@丸の内|あみゅーぜん

    五世大木平藏
    《木彫彩色御所人形》のうち「宝船曳」
    昭和14年(1939)
    静嘉堂文庫美術館蔵

     


    ◆日本・中国のめでたい絵画がたっぷり

    静嘉堂を代表する中国・明清時代の絵画から、江戸後期の大雅・蕪村・抱一、近代日本画の巨匠 大観・印象まで、東洋伝統の吉祥画題を選りすぐり!

     

    初春を祝う特別展 静嘉堂@丸の内|あみゅーぜん

    横山大観
    《日之出》
    昭和時代・20世紀
    静嘉堂文庫美術館蔵

     


    ◆宝尽くしのうつわで祝う正月

    正月にふさわしい吉祥デザインの茶道具や懐石のうつわ、宴席の道具など、まさに宝尽くし。

    初春を祝う特別展 静嘉堂@丸の内|あみゅーぜん

    国宝《曜変天目(稲葉天目)》
    南宋時代(12-13世紀)
    静嘉堂文庫美術館蔵

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.