English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」展

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • ルート・ブリュック 蝶の軌跡

    2019年4月27日(土)~6月16日(日)
    東京ステーションギャラリー

     
    北欧・フィンランドを代表するアーティスト、ルート・ブリュック

    名窯アラビア製陶所(ヘルシンキ)の専属アーティストとして約50年にわたって活躍し、セラミックやテキスタイルデザインを中心に、フィンランドにおける現代のアートやデザインを革新・牽引した立役者として名を馳せました。

    2019年の日本-フィンランド外交樹立100周年を記念する本展「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」展では、ブリュックの代表的なセラミック約180点やテキスタイルなどが初来日。ブリュックの多彩な仕事を網羅する、日本初の回顧展となります。

     
    ルート・ブリュック 東京ステーションギャラリー
    《ライオンに化けたロバ》1957年、タピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団蔵
    Tapio Wirkkala Rut Bryk Foundation’s Collection / EMMA – Espoo Museum of Modern Art
    ©KUVASTO, Helsinki & JASPAR, Tokyo, 2018 C2531

     


    ルート・ブリュック(Rut Bryk 1916-1999)

    ヘルシンキでグラフィックデザインを学んだ後、1942年より、アラビア製陶所・美術部門の専属アーティストとして活動。版画の技法を応用して独自の釉薬や型の技術を開発し、51年のミラノ・トリエンナーレでグランプリを受賞。60年代からタイルピースを組み合わせた抽象的で立体的な作品へと移行し、市庁舎、銀行、大統領邸などの大型インスタレーションを手がけた。

    ルート・ブリュック 東京ステーションギャラリー
    ルート・ブリュック|Rut Bryk
    Photo: Tapio Wirkkala

     

    ルート・ブリュック展の見どころ

    ◆ブリュックを日本初公開の作品群とともに紹介

    多ジャンルに及ぶブリュックの仕事や感性の全容を、初来日する合計約200点の貴重な作品とともに紹介します。

    ブリュックの前期から後期へとドラマティックに変化する作風、重厚でエレガントな釉薬の輝き、独自の文化や自然観にもとづく繊細な図や形態、ロマンティックでスピリチュアルな世界に注目。

    ルート・ブリュック 東京ステーションギャラリー
    《母子》1950年、タピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団蔵
    Tapio Wirkkala Rut Bryk Foundation’s Collection / EMMA – Espoo Museum of Modern Art
    ©KUVASTO, Helsinki & JASPAR, Tokyo, 2018 C2531

    ルート・ブリュック 東京ステーションギャラリー
    《スイスタモ》(部分)1969年、タピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団蔵
    Tapio Wirkkala Rut Bryk Foundation’s Collection / EMMA – Espoo Museum of Modern Art
    ©KUVASTO, Helsinki & JASPAR, Tokyo, 2018 C2531

     

    ◆東京ステーションギャラリーの空間構成

    「赤レンガの駅舎」として親しまれる東京駅丸の内駅舎内の美術館「東京ステーションギャラリー」(1988年開館、丸の内駅舎の復原工事に伴い、2012年リニューアルオープン)。

    国内巡回展のスタートを飾る本展では、レンガ壁の展示室を活かした空間に、ブリュックの作品を配置して一つの絵画のように見せる、東京ステーションギャラリーの会場デザインも見どころの一つ。

     
    ルート・ブリュック 東京ステーションギャラリー
    《蝶》1957年、タピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団蔵
    Tapio Wirkkala Rut Bryk Foundation’s Collection / EMMA – Espoo Museum of Modern Art
    ©KUVASTO, Helsinki & JASPAR, Tokyo, 2018 C2531

     

    ルート・ブリュック展のハイライト

    本展はエスポー近代美術館(フィンランド)で行われたブリュック生誕100周年記念展(2016年)をベースとして、タピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団コレクションの作品を中心に、日本展オリジナルの内容を加えた構成となっています。

    感性豊かなスケッチとグラフィックデザイン

    ルート・ブリュック 東京ステーションギャラリー
    《結婚式》1944年、タピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団蔵
    Tapio Wirkkala Rut Bryk Foundation’s Collection / EMMA – Espoo Museum of Modern Art
    ©KUVASTO, Helsinki & JASPAR, Tokyo, 2018 C2531

     

    アラビアで制作した陶器や陶板(40年代後半〜60年)

    ルート・ブリュック 東京ステーションギャラリー
    《ヴェネチアの宮殿:リアルト橋》1953年、タピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団蔵
    Tapio Wirkkala Rut Bryk Foundation’s Collection / EMMA – Espoo Museum of Modern Art
    ©KUVASTO, Helsinki & JASPAR, Tokyo, 2018 C2531

     

    蝶たちの舞いと”アプライドアート”(50〜60年)

    ルート・ブリュック 東京ステーションギャラリー
    《蝶たち》1957年、タピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団蔵
    Tapio Wirkkala Rut Bryk Foundation’s Collection / EMMA – Espoo Museum of Modern Art
    ©KUVASTO, Helsinki & JASPAR, Tokyo, 2018 C2531

    ルート・ブリュック 東京ステーションギャラリー
    《都市》(部分)1958年、タピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団蔵
    Tapio Wirkkala Rut Bryk Foundation’s Collection / EMMA – Espoo Museum of Modern Art
    ©KUVASTO, Helsinki & JASPAR, Tokyo, 2018 C2531


    タイル・コンポジション(60年代〜)

    ルート・ブリュック 東京ステーションギャラリー
    《黄金の深淵》1969年、タピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団蔵
    Tapio Wirkkala Rut Bryk Foundation’s Collection / EMMA – Espoo Museum of Modern Art
    ©KUVASTO, Helsinki & JASPAR, Tokyo, 2018 C2531

     

    インスタレーションとイマジネーション(70〜80年代)

    ルート・ブリュック 東京ステーションギャラリー
    《色づいた太陽》1969年、タピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団蔵
    Tapio Wirkkala Rut Bryk Foundation’s Collection / EMMA – Espoo Museum of Modern Art
    ©KUVASTO, Helsinki & JASPAR, Tokyo, 2018 C2531

     


    ルート・ブリュック展 招待券プレゼント

    「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」展の招待券をあみゅーぜんの読者5組10名様にプレゼントいたします。

    応募ページリンク
    応募期間:5月7日(火)~19日(日)

    ※当選者の発表は発送を以てかえさせていただきます。
    プレゼント等、最新情報はあみゅーぜんの Facebook ページにてお知らせしています。

     

    ルート・ブリュック 東京ステーションギャラリー
    ポスター画像

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.