English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

マルク・シャガール - 夢を綴る

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • ポーラ銀座ビル10周年記念
    マルク・シャガール - 夢を綴る

    2019年10月4日(金)~11月4日(月・祝)
    ポーラ ミュージアム アネックス

     
    ※9/18 記事更新(お知らせ)
    著作権の都合上、作品の画像をお見せすることができません。
    シャガールの素晴らしい作品を、ぜひ会場でご覧ください。

     
    ポーラ銀座ビル開館10周年を記念し、マルク・シャガールの作品を展示する特別展がポーラ ミュージアム アネックスにて開催されます。

    ポーラ美術館(箱根)が所蔵するシャガール作品を銀座で、無料で展覧する、大変貴重な機会となります。


    マルク・シャガール展のみどころ

    マルク・シャガールは20世紀を代表する画家の一人で、その美しい色彩から“色彩の魔術師”と呼ばれています。シャガールが描いた美しい作品には、彩り豊かな絵画の“詩”が綴られており、時を経てもなお、優しい光を放つ夢のような、まばゆい世界に心が躍ります。

    ポーラ美術館はシャガールの油彩画約10点のほか、シャガールの挿絵本数点を所蔵しています。

    本展では、ポーラ美術館収蔵のシャガール作品より、《恋人たちとマーガレットの花》《オペラ座の人々》《私と村》《町の上で、ヴィテブスク》を含む油彩画7点と、古代ギリシャの恋物語をリトグラフで表現した挿絵本『ダフニスとクロエ』が展示されます。

    華麗な色彩、そして優美な愛と夢に満ちたシャガールの世界を感じられる展覧会です。

     

    ポーラ ミュージアム アネックス

    Pola Museum Annex ポーラミュージアムアネックス (article by amuzen)

    マルク・シャガール Marc Chagall

    1887年、 ロシア帝国統治下にあったヴィテブスク郊外(現べラルーシ共和国)のユダヤ教徒の家に生まれる。サンクトペテルブルクで美術を学んだ後、フランスから帰国したレオン・バクストに師事。

    1911年、パリのモンパルナスへ。1912年から「ラ・リュッシュ」(蜂の巣)と呼ばれる集合住宅兼アトリエに住み、多くの芸術家と交流。「キュビスム」を取り入れつつも、独自の幻想的な世界を開拓し、詩人アポリネールの高い評価を得る。

    1914年、帰郷中に第一次世界大戦が勃発し、パリへ戻ることを断念。1915年、ベラ・ローゼンフェルトと結婚。ロシア革命以降、革命の理想に従って故郷に美術学校を創設する。

    1923年には家族と共にパリへと移住。その後、ナチスによるユダヤ人迫害から逃れるため、占領下のパリを離れ、1941年、アメリカに亡命。

    1944年、最愛の妻ベラが急逝。

    戦後、パリに戻った後、1950年から南仏に移住。ヴァランティーヌ・ブロツキーと再婚。

    絵画をはじめ、陶芸やステンドグラス、壁画、タペストリーなど、幅広い分野にわたって制作を行い、フランス国内外で高い名声を得た。

    1985年、97歳で没。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.