English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

国立西洋美術館 自然と人のダイアローグ

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 国立西洋美術館リニューアルオープン記念
    自然と人のダイアローグ フリードリヒ、モネ、ゴッホからリヒターまで

    2022年6月4日(土)〜9月11日(日)
    国立西洋美術館


    本展は国立西洋美術館のリニューアルオープン記念として、フォルクヴァング美術館(ドイツ)の協力を得て、自然と人の対話(ダイアローグ)から生まれた近代の芸術の展開を辿ります。

     


    「自然と人のダイアローグ」のみどころ

    ◆西洋絵画の巨匠と自然表現を辿る

    ドイツ・ロマン派から印象派ポスト印象派20世紀絵画まで、ヨーロッパの自然表現を辿ります。

    ゴッホをはじめ、マネ、モネ、セザンヌ、ゴーガン、シニャック、ノルデ、ホドラー、エルンストなど、西洋絵画の巨匠たちの100点を越える作品が公開されます。

     


    ◆ゴッホの 《刈り入れ》 が初来日

    ファン・ゴッホ晩年の代表的な風景画の一つ《刈り入れ(刈り入れをする人のいるサン=ポール病院裏の麦畑)》がドイツより初来日します。

     


    ◆日本であまり見られない作品も公開

    ドイツよりフリードリヒリヒター、また国立西洋美術館の新規収蔵品で日本初公開となるガッレン=カッレラによる作品も紹介されます。

     


    国立西洋美術館のリニューアルオープンについて

    ル・コルビュジエの基本設計で建てられた国立西洋美術館は、世界遺産「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」を構成する資産の一つです。

    国立西洋美術館は、施設整備のため約1年半にわたり全館休館していましたが、2022年4月9日にリニューアルオープンしました。

    今回のリニューアルでは、デザイン上も大きな意味を持つ前庭の目地、西門の位置や囲障など、ル・コルビュジエの設計をもとに、1959年に創建した当時の姿に近づける工事が行われています。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.