English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 歳の市(羽子板市)

    2018年12月17日(月)~19日(水)
    浅草寺

     
    冬の風物詩である「羽子板市(はごいたいち)」が今年も浅草寺の境内にて3日間開催されます。


    縁起物の羽子板

    日本に古くからあり。正月遊びとしても親しまれる羽根つき。羽根や羽子板は邪気をはねのけるとして、女の子が生まれた家には健やかな成長を祈って、羽子板を贈る風習もありました。

    縁起物の羽子板にはおめでたい図柄が施されましたが、江戸時代になると、押絵細工でさらに華やかな羽子板が登場します。

     

    浅草寺の縁日

    浅草寺では、毎月18日は観音菩薩の縁日。なかでも12月18日は、年納めの縁日でもあり、江戸時代には17日、18日には露店で正月用品や縁起物が売られ、にぎわうようになりました。

    江戸末期、羽子板に当時人気の歌舞伎役者の似顔絵を押絵細工で施して売り出すと一大人気に。他方、正月用品は店でも購入できるようになり、浅草寺の歳の市は、羽子板を中心に扱うようになりました。

    歳の市(羽子板市) 浅草寺
    © (公財)東京観光財団


    歳の市・羽子板市 2018

    今日の市では、江戸情緒ある歌舞伎俳優や美人画のほか、今年の話題の人やニュースをデザインした多彩な羽子板、美しい羽根も並びます。威勢のいいかけ声や、羽子板を購入した時の三本締めも見どころ。

    歳の市(羽子板市) 浅草寺
    歳の市(羽子板市) 浅草寺
    © (公財)東京観光財団


    関連情報: 浅草花やしき

    レトロな魅力が人気の遊園地「花やしき」では、羽子板市の期間、購入した羽子板を見せると入園料が無料になります(乗り物料金別途)。

    関連記事を読む: 浅草花やしきで遊ぶ、年越し

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.