English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 深川八幡祭り

    2018年8月11日(土・祝)~15日(水)
    富岡八幡宮

     
    1627年に創祀されて以降、徳川将軍家の庇護を受け、庶民にも「深川の八幡様」として親しまれてきた、富岡八幡宮

    現代の大相撲に連なる、江戸勧進相撲発祥の神社であり、日曜日に立つ骨董市でも知られています。

    富岡八幡宮


    深川八幡祭り2018 見どころ

    富岡八幡宮の例大祭は「深川八幡祭り」とも呼ばれ、日枝神社の山王祭と神田明神の神田祭とともに「江戸三大祭」の一つに数えられています。


    水かけ祭り

    祭りでは沿道の観衆から神輿の担ぎ手に清めの水が浴びせることから、「水かけ祭り」とも呼ばれています。

    江戸の粋を今に伝え、担ぎ手と観衆が一体となって盛り上がる、夏の風物詩です。水かけには一般客も参加可能

    © (公財) 東京観光財団 © TCVB
    © (公財) 東京観光財団 © TCVB


    二の宮神輿の渡御 8月12日(日)

    今年は、富岡八幡宮の宮神輿の一つである「二の宮」の渡御を行う「御本社祭」の年。重さ約2トン、高さ3メートル以上ある巨大で荘厳な神輿の渡御が、威勢のいいかけ声とともに、盛大に行われます。


    神賑と屋台

    祭礼期間中は連日、伝統芸能からモダンな音楽のライブまで、奉納芸能などの神賑(かみにぎわい)行事が境内で催されます。

    また、富岡八幡宮から門前仲町駅付近の永代通りには数多くの屋台が並び、縁日の情緒が楽しめます。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.