English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

超写実絵画の襲来 Bunkamura

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵

    2020年3月18日(水)~5月11日(月)
    再開催: 2020年6月11日(木)~29日(月) ※予定

    Bunkamura ザ・ミュージアム

     

     
    世界初の写実絵画専門美術館であるホキ美術館(千葉県千葉市)。

    2010年の開館以来、多くの来館者に驚きと感動をもたらし、全国各地で巡回展も開催しています。

    超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵(Bunkamura ザ・ミュージアム)

    ホキ美術館
    写真左)外観、右)内観

     

    いま、ブームとも言える盛り上がりを見せている写実絵画。ホキ美術館の所蔵作品の全貌が分かる作品展が、初めて東京で開催されます。

     

    「超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵」のみどころ

    ◆究極の技

    さまざまな技術で描かれた精緻な作品。1年に数点しか描くことができないほど、画家が時間をかけて向き合った作品の数々を一堂に会します。

     

    超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵(Bunkamura ザ・ミュージアム)

    森本草介《未来》2011年 油彩・キャンバス

    超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵(Bunkamura ザ・ミュージアム)

    野田弘志《聖なるもの THE-Ⅳ》2013年 油彩・パネル・キャンバス

     


    ◆日本写実絵画の“今”を体感する

    個性豊かな凄腕の作家たち約30人によるバラエティに富んだ作品の迫力とともに、その魅力に迫ります。

     

    超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵(Bunkamura ザ・ミュージアム)

    青木敏郎《レモンのコンフィチュール、芍薬、染付と白地の焼物》2013年 油彩・キャンバス

    超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵(Bunkamura ザ・ミュージアム)

    島村信之《籐寝椅子》2007年 油彩・キャンバス

    超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵(Bunkamura ザ・ミュージアム)

    島村信之《幻想ロブスター》2013年 油彩・キャンバス

    超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵(Bunkamura ザ・ミュージアム)

    島村信之《オオコノハムシ‐擬態‐》2014年 油彩・キャンバス

    超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵(Bunkamura ザ・ミュージアム)

    五味文彦《いにしえの王は語る》2018年 油彩・パネル

     


    ◆主な出展作家(予定)

    森本草介、野田弘志、中山忠彦、青木敏郎、島村信之、小尾修、五味文彦、大畑稔浩、生島浩、磯江毅、原雅幸、石黒賢一郎、塩谷亮ほか

     

    超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵(Bunkamura ザ・ミュージアム)

    生島浩《5:55》2007~2010年 油彩・キャンバス

    超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵(Bunkamura ザ・ミュージアム)

    原雅幸《ドイル家のメールボックス》2012年 油彩・パネル

    超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵(Bunkamura ザ・ミュージアム)

    石黒賢一郎《存在の在処》2001~2011年 油彩・パネル・綿布

     

    「超写実絵画の襲来」招待券 読者プレゼント

    本展の観覧招待券を抽選で、あみゅーぜんの読者5組10名様にプレゼントいたします。

    応募期間:3月23日(月)~29日(日)
    応募ページリンク


    ※応募受付は終了いたしました。
    ※抽選結果の発表は発送を以てかえさせていただきます。

    あみゅーぜんのFacebook ページを「いいね!」すると、プレゼントなどの最新情報がご覧になれます。


※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.