English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

オーデマ ピゲ「時計以上の何か」東京ミッドタウン

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 時計以上の何か
    Beyond Watchmaking

    2019年10月19日(土)~11月4日(月・休)
    東京ミッドタウン

     
    スイスの高級時計ブランドで、近年はアートへの取組でも知られるAudemars Piguetオーデマ ピゲ)。

    その創業の地の風土、型破りな創作を可能にする時計師たちの息づかいを体感する世界巡回展日本で初めて、東京ミッドタウンで開催されます(入場無料、次ページHPリンクから事前予約可能)。


    オーデマ ピゲ展覧会「時計以上の何か」

    本展「時計以上の何か Beyond Watchmaking」は、秋恒例のデザインイベントで今年13回目となる「東京ミッドタウン デザインタッチ (Tokyo Midtown DESIGN TOUCH)」の一環として開催。東京ミッドタウンの芝生広場には、時計の文字盤をイメージした、巨大なパビリオンが登場します。

    パビリオンでは歴史的価値のあるヴィンテージウォッチから現行モデルまでの150点におよぶモデルや ”ムーブメント”(時計の動きをつかさどるパーツ)のほか、オーデマ ピゲがサポートするアーティストの1人、池田亮司の作品も展示されます。

    オーデマ ピゲ「時計以上の何か」東京ミッドタウン

    オーデマ ピゲ「時計以上の何か」東京ミッドタウン


    時計以上の何か Beyond Watchmaking みどころ

    時計の金属の文字盤をイメージして造られた本展パビリオンは、12の部屋で構成されています。

    Room 1では、オーデマ ピゲの誕生の地「ル・ブラッシュ」のある、スイスのジュウ渓谷の厳しい自然風土や、高級腕時計のパーツとなる天然資源、Room 2 では創業家で経営者であるオーデマ家とピゲ家のヒストリーや高級腕時計づくりにかけた気概を紹介。

    Room 3と4では、うるう年も正確に表示する暦をはじめ、ハイエンドな腕時計の精巧で複雑なメカニズムについて、Room 5ではオーデマ ピゲにおける職人技や伝統と知識の継承、Room 6で伝統に根ざしながら未来を先取りするデザインを紹介。

    Room 7は「ラボ」として、専門家とともに、ハイエンドな時計に使用される技術などについて知り、体感する空間。

    Room 8 では「Royal Oak」、Room 9で目盛り盤に施すギヨシェなど職人の超絶技巧の世界、Room 10では新作モデル「CODE 11.59」制作の舞台裏へ。

    Room 11と12では、池田亮司が本展のために制作し、オーデマ ピゲのメカニズムと美に迫るインスタレーション作品「data.anatomy」を展示。池田作品はパビリオン入り口にも登場する。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.