English français       東京の文化、アート、おでかけ情報
 

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 博物館でお花見を

    2017年3月14日(火)~4月9日(日)
    東京国立博物館

    English français

    東京国立博物館(トーハク)は、池と5棟の茶室を配した日本庭園に約10種類の桜が見事に咲き誇る、上野の隠れたお花見スポット。

    博物館でお花見を 2017 東京国立博物館 (amuzen article)
    東京国立博物館 春の庭園解放

    2017年の桜の季節も、春の恒例企画「博物館でお花見を」が開催されます。本館内では、重要文化財を含め桜にちなんだ名品の数々を展示。ギャラリートークやワークショップ、音楽会、様々なテーマのツアーなど、イベントも盛りだくさん。通常は入ることができない庭園も、期間中は自由に散策できます。

    イベント内容
    本館桜めぐり
    国宝「花下遊楽図屏風」など、桜を描いた絵画や、桜をモチーフにした工芸品、サクラ材の仏像など、桜に関連した様々な作品を展示。
    該当作品は桜マーク付き。

    主な作品
    博物館でお花見を 2017 東京国立博物館 (amuzen article)
    国宝「花下遊楽図屏風」
    狩野長信 筆 江戸時代・17世紀 本館2室(国宝室)で展示

    博物館でお花見を 2017 東京国立博物館 (amuzen article)
    「源氏物語図屏風(若菜上)」
    伝土佐光則 筆 江戸時代・17世紀 個人蔵 本館7室で3月22日(水)から展示

    博物館でお花見を 2017 東京国立博物館 (amuzen article)
    「色絵桜楓文木瓜形鉢」
    仁阿弥道八 作 江戸時代・19世紀 本館8室で展示

    博物館でお花見を 2017 東京国立博物館 (amuzen article)
    「山海愛度図会・花をごらんあそばしたい」
    歌川国芳 筆 江戸時代・嘉永5年(1852) 本館10室で3月22日(水)から展示

    博物館でお花見を 2017 東京国立博物館 (amuzen article)
    「不動明王立像」
    平安時代・11世紀 岡野哲策氏寄贈 本館11室で展示

    博物館でお花見を 2017 東京国立博物館 (amuzen article)
    「流水に桜透鐔」
    西垣勘平作 江戸時代・17世紀 野原秀子氏寄贈 本館13室で展示

    春の庭園開放
    2017年は特別に、例年より長く実施。また、特別展「茶の湯」の開幕に合わせて、4月11日(火)~5月7日(日)まで転合庵の内部が外から観覧可能。
    【期間】3月14日(火)~5月7日(日)10:00~16:00
    (※ライトアップ実施日は19:30まで)

    庭園ライトアップ
    3月31日(金)、4月1日(土)・7日(金)・8日(土)、19:30まで

    博物館でお花見を 2017 東京国立博物館 (amuzen article)

    桜スタンプラリー
    「期間中、本館展示室の5つのポイントでスタンプを押すと、オリジナル缶バッジがプレゼントされます。
    ※ 台紙配布・バッジ引換え場所:本館玄関(引換えは10:00~閉館)

    桜イベント
    「桜ギャラリートーク」や「桜セミナー」、桜にちなんだ作品の見どころをダイジェストで紹介する「鑑賞ガイド」、ミニコンサート「桜の街の音楽会」、「ガイドツアー」などを開催(詳細HP)。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.