English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • スーパームーン&ダイヤモンド富士

    スーパームーン 2018年1月2日(火)
    ダイヤモンド富士 2018年1月22日(月)~28日(日)
    SKY CIRCUS サンシャイン60 展望台

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    海抜251m の高さから360 度見渡せる景色とともに、リニューアルを経て、東京の空を遊ぶ眺望体験コンテンツが人気の、SKY CIRCUS(スカイサーカス)サンシャイン60展望台

    2018年1月、月が地球に最も近づき大きく輝く極上の月「スーパームーン」と、富士山の山頂に太陽が重なる1年間にたった数日の希少な光景「ダイヤモンド富士」を見ることができます。


    ◆SKY CIRCUS から観るスーパームーン

    スーパームーン」とは、月が地球に最も接近する満月(もしくは新月)で、通常の月よりも大きく明るく見えます。月と地球の距離は、356,570km。1月2日のスーパームーンは、湿度が低く空気中の水蒸気量が少なく、よりクリアに見える好条件。

    展望台では東側(東京スカイツリー左側)にて、月が昇り始める17:00頃、特に大きく見えます。

    amuzen「スーパームーン&ダイヤモンド富士」(サンシャイン60 展望台)
    展望台からの夜景(通常の月)


    ◆SKY CIRCUS から観るダイヤモンド富士

    ダイヤモンド富士(※)」とは、富士山頂から太陽が昇る瞬間と山頂に夕日が沈む瞬間、太陽が山頂とぴったりと重なった時にまるでダイヤモンドが輝くような光の現象のこと。富士山が東か西の方向に見える場所で気象状況が良い場合、年に2回だけ見ることができるとても希少な光景です。

    周りに視界を遮る建物が無いSKY CIRCUS サンシャイン60展望台からは、気象状況さえ整えば、夕日が沈むその瞬間にダイヤモンド富士をはっきりと観覧可能!

    1月28日(日) にはダイヤモンド富士や夜景の撮影方法を専門員がレクチャーする「展望台deカメラ教室」も開催。

    amuzen「スーパームーン&ダイヤモンド富士」(サンシャイン60 展望台)

    ※ SKY CIRCUSサンシャイン60展望台では、太陽の一部が山頂の一角にさしかかっている状態を「ダイヤモンド富士」としており、ちょうど山頂に太陽が重なる日の前後2~3日間も観覧可能期間としています。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.