English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ

    2017年10月14日(土)より公開
    Bunkamuraル・シネマほか

    モダニズム華やかなりし時代、二人の天才建築家の惹かれながらも相克する関係を、南仏の海辺を背景に美しき映像でつづるドラマ。

    映画『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』(amuzen article)
    画像(文中すべて) © 2014 EG Film Productions / Saga Film © Julian Lennon 2014. All rights reserved.

    2016年、国立西洋美術館(東京・上野)が世界文化遺産入りしたことも記憶に新しい、スイス出身の近代建築の巨匠、ル・コルビュジエ。彼には、生涯で唯一その才能を羨んだと言われる女性がいた。インテリアデザイナーとしても著名なアイルランド出身の女性建築家、アイリーン・グレイ

    映画『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』(amuzen article)

    映画『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』(amuzen article)

    ◆ストーリー

    コートダジュールの海辺に立つアイリーン・グレイの別荘「E.1027」は建築史上に残る傑作とされるが、長らくル・コルビュジエの作とされ、アイリーンの存在は歴史の影に隠されていた。そこには光り輝く才能を発揮するアイリーンに対する、ル・コルビュジエの密やかな嫉妬と欲望が絡まり合う、知られざる愛憎ドラマがあった……。

    映画『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』(amuzen article)

    激動の時代を生きた二人の建築家の人生を、実際の建築や家具などを用いながら眩しい映像美でつづった作品。

    ◆キャスト

    アイリーンに、アイルランド出身の実力派女優、オーラ・ブラディ。ル・コルビュジエに、スイス出身で『インドシナ』『シラノ・ド・ベルジュラック』の俳優、ヴァンサン・ペレーズ。アイリーンの恋人であり、ル・コルビュジエの名声を高めた立役者でもある建築家ジャン・パドヴィッチ役には、イタリア出身のフランチェスコ・シャンナ

    そのほか、バイセクシュアルであったアイリーンの女性の恋人の一人、フランス人女性歌手ダミアに、カナダ出身のロック歌手アラニス・モリセットなど、作品にふさわしい、国際的で個性的なキャストが出演。

    映画『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』(amuzen article)

    ◆『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』

    原題『THE PRICE OF DESIRE』
    2015年/ベルギー、アイルランド/108分/フランス語、英語/カラー
    監督/脚本:メアリー・マクガキアン
    音楽:ブライアン・バーン
    撮影:ステファン・フォン・ビョルン
    美術:エマ・プッチ
    出演:オーラ・ブラディ、ヴァンサン・ペレーズ、ドミニク・ピノン、アラニス・モリセット
    写真:ジュリアン・レノン
    配給:トランスフォーマー
    後援:アイルランド大使館、ベルギー大使館、スイス大使館
    協力:国立西洋美術館、hhstyle

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.