English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

ディリリとパリの時間旅行

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • ディリリとパリの時間旅行

    2019年8月24日(土)より全国順次公開
    YEBISU GARDEN CINEMA ほか

     
    名作『キリクと魔女』『アズールとアスマール』で知られるミッシェル・オスロ監督の最新作は、ベル・エポック(19世紀末~20世紀初)のパリを舞台にした物語。

    ニューカレドニアからやってきた主人公ディリリが、パリで出会った最初の友人オレルとともに、誘拐事件の謎を解いていく。

    2019年セザール賞「最優秀アニメ作品」受賞作品。8月24日(土) より YEBISU GARDEN CINEMA(恵比寿ガーデンプレイス内)ほかにて、全国順次公開(配給:チャイルド・フィルム)。

     

    映画『ディリリとパリの時間旅行』

    © 2018 NORD-OUEST FILMS – STUDIO O – ARTE FRANCE CINEMA – MARS FILMS – WILD BUNCH – MAC GUFF LIGNE – ARTEMIS PRODUCTIONS – SENATOR FILM PRODUKTION


    ディリリとパリの時間旅行 みどころ

    ◆ストーリー

    新たな芸術や科学技術が花開いた,「ベル・エポック(美しき時代)」のパリ。ニューカレドニアからやってきたディリリが、パリで出会った最初の友人オレルとともに、町を騒がす少女たちの誘拐事件の謎を解いていく。

    エッフェル塔、オペラ座、ヴァンドーム広場など、パリの町を駆け巡り、事件解決にキュリー夫人やパスツール、ピカソ、マティス、モネ、ロートレック、プルースト、サラ・ベルナールら、この時代を彩った天才たちが協力する。ふたりは少女たちを助けられるのか?

    映画『ディリリとパリの時間旅行』

    © 2018 NORD-OUEST FILMS – STUDIO O – ARTE FRANCE CINEMA – MARS FILMS – WILD BUNCH – MAC GUFF LIGNE – ARTEMIS PRODUCTIONS – SENATOR FILM PRODUKTION


    ◆みどころ

    エッフェル塔、オペラ座、ヴァンドーム広場、モンマルトルとムーラン・ルージュをはじめ、美しいパリがたっぷりと描かれた作品。ガブリエル・ヤレドによる美しい旋律とともに、ベル・エポックのパリにタイムスリップするかのような至福の94分が味わえます。

    ディリリが臆することなく出会う、この時代を彩ったアーティストや科学者たちが、事件解決に協力するのもみどころ。

    「男性支配団(Les Mâles-Maîtres)」なる組織の暗躍で象徴的に描かれる、“光の時代” における“闇” の部分にも注目。

    映画『ディリリとパリの時間旅行』

    © 2018 NORD-OUEST FILMS – STUDIO O – ARTE FRANCE CINEMA – MARS FILMS – WILD BUNCH – MAC GUFF LIGNE – ARTEMIS PRODUCTIONS – SENATOR FILM PRODUKTION


    ◆字幕版と吹替版

    日本では、オリジナルの日本語字幕版と日本語吹替版を上映(※映画館による)。吹替版はディリリ役に新津ちせ、オレル役に斎藤工。

    映画『ディリリとパリの時間旅行』

    © 2018 NORD-OUEST FILMS – STUDIO O – ARTE FRANCE CINEMA – MARS FILMS – WILD BUNCH – MAC GUFF LIGNE – ARTEMIS PRODUCTIONS – SENATOR FILM PRODUKTION


    ミッシェル・オスロ監督(Michel Oslot)

    1943年フランス生まれ。幼少期をギニアで過ごす。レジオンドヌール勲章シュヴァリエ。

    主な作品として、『キリクと魔女』(Kirikou et la sorcière 1998)、日本の江戸時代のお伽噺も登場する影絵風の作品『プリンス&プリンセス』(Princes et princesses 2000)、『アズールとアスマール』(Azur et Asmar 2006)、『夜のとばりの物語』(Les contes de la nuit 2011)。

    西アフリカを舞台にした『キリクと魔女』と、中世の欧州・アラブ世界を舞台にした『アズールとアスマール』は、いずれも日本語版翻訳・演出を高畑勲監督が手がけた。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.