English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 鈴木敏夫とジブリ展

    2019年4月20日(土)~5月12日(日)
    神田明神文化交流館「EDOCCO」

     
    宮さんは絵を描き、僕は字を書く。」

    本展覧会は、スタジオジブリ・プロデューサー 鈴木敏夫の“言葉”に注目した展覧会です。

    鈴木敏夫とジブリ展 神田明神文化交流館
    © TS © Studio Ghibli


    鈴木敏夫とジブリ展について

    高畑勲、宮崎駿両監督と出会って40年、「風の谷のナウシカ」「千と千尋の神隠し」、そして「風立ちぬ」「かぐや姫の物語」まで、ジブリはどこから始まりどこへ向かうのか。

    スタジオジブリの数々の名作は、鈴木敏夫プロデューサーとその「言葉の魔法」があってこそ、空前のヒットとして結実してきたといえます。

    鈴木敏夫の「原点」から「今」を、自身の書画やジブリ作品の資料を用いて紹介し、スタジオジブリの秘密に迫ります。

    鈴木敏夫とジブリ展 神田明神文化交流館
    鈴木敏夫とジブリ展 神田明神文化交流館
    © TS © Studio Ghibli


    鈴木敏夫とジブリ展のみどころ

    スタジオジブリとして約3年ぶりの東京会場での開催となる「鈴木敏夫とジブリ展」。

    本展は広島、名古屋、金沢で開催された「スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展」(2017~18) をベースに、ジブリの魅力が詰まった新コンテンツを加えてバージョンアップ。神田明神という会場にちなんで生まれた展示やグッズも登場します。

    鈴木敏夫とジブリ展 神田明神文化交流館
    鈴木敏夫とジブリ展 神田明神文化交流館
    鈴木敏夫とジブリ展 神田明神文化交流館
    © TS © Studio Ghibli

    ◆鈴木敏夫の書とイラスト

    本展のための書き下ろしを含め、鈴木敏夫オリジナルの書とイラスト、コピーや宣伝などの資料が集結します。

    作品の世界観をより多くの人に伝えるため、 監督の意図を汲み作品と真摯に向き合うことで、 その本質を「言葉」にして伝えてきた鈴木敏夫。その力強い“言葉”を見ただけで、名場面を鮮明に思い出すとともに、ジブリの世界観に強く引き込まれることでしょう。

    鈴木敏夫とジブリ展 神田明神文化交流館
    鈴木敏夫とジブリ展 神田明神文化交流館
    © TS © Studio Ghibli


    ◆湯婆婆と銭婆の”開運・恋愛”おみくじ

    東京で初公開、湯婆婆(ゆばーば)と銭婆(ぜにーば)が人生と恋愛の悩みに助言をくれるおみくじが登場します。高さ3メートルの超巨大な湯婆婆 と銭婆のペアは迫力満点!

    湯婆婆は“恋愛”について、銭婆は“開運”について、アドバイスしてくれます。湯婆婆と銭婆それぞれの口の中に手を入れて番号が書かれたお札を引き、その番号が書かれた薬棚からおみくじを取り出す……。なんともシュールな仕組みです。

    鈴木敏夫とジブリ展 神田明神文化交流館
    © TS © Studio Ghibli


    ◆湯婆婆のモデルは鈴木敏夫だった?

    「千と千尋の神隠し」で湯屋「油屋」を支配する魔女、湯婆婆。「ここで働かせてください」という千尋に、魔法で荻野千尋という本名を奪いとり、「いまからおまえの名前は千」だと告げます。それが油屋で働くための通過儀礼であり、名前を奪うことが湯婆婆の支配力の源泉でした。

    「言葉の魔法」と題したおみくじの部屋では、湯婆婆をそのモデルだったと言われる鈴木敏夫に見立て、鈴木敏夫書き下ろしの”言葉”が授けられます。


    ◆湯婆婆や油屋など、撮影可能な展示も

    会場には湯婆婆と銭婆の”開運・恋愛”おみくじや、「千と千尋の神隠し」に登場する「油屋」の模型など、写真撮影可能な4つの展示があります。

    鈴木敏夫とジブリ展 神田明神文化交流館
    © TS © Studio Ghibli

    ◆”湯婆婆こけし”や神田明神とコラボした”グッズ”

    「鈴木敏夫とジブリ展」開催記念として、湯婆婆のこけしをはじめ、「千と千尋の神隠し」のキャラクターを鈴木敏夫の描き下ろしでデザインした限定グッズがラインアップ。

    鈴木敏夫とジブリ展 神田明神文化交流館
    © TS © Studio Ghibli


    ◆会場限定 オリジナルメニュー

    1階のEDOCCO CAFÉ 「MASU MASU」では「鈴木敏夫とジブリ展」を記念し、スタジオジブリ作品を想起させる遊び心満載のオリジナルメニュー4品が登場します。

    鈴木敏夫とジブリ展 神田明神文化交流館


    鈴木敏夫

    鈴木敏夫とジブリ展 神田明神
    撮影 荒木経惟

    1948年、名古屋市生まれ。慶応義塾大学文学部卒業後、徳間書店入社。『週刊アサヒ芸能』を経て、『アニメージュ』の創刊に参加。副編集長、編集長を務めるかたわら、「風の谷のナウシカ」「火垂るの墓」「となりのトトロ」などの高畑勲・宮崎駿作品の製作に関わる。1985年にスタジオジブリの設立に参加、1989年からスタジオジブリ専従。以後ほぼすべての劇場作品のプロデュース。現在、株式会社スタジオジブリ代表取締役プロデューサー。著書多数。

     

    入口変更のお知らせ

    5/11(土)、12(日) は神田祭の開催に伴い、会場までのアクセスルートが変更になります。

    鈴木敏夫とジブリ展 神田明神文化交流館

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.