English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • サンシャイン水族館の新スポット
    海月空感(くらげくうかん)

    サンシャイン水族館

     

     

    サンシャインシティ水族館は、都会にある癒しのスポット

    天空のオアシス」のコンセプトの下、ケープペンギンが都会のビル群の上空を飛び交うように泳ぐ「天空のペンギン」をはじめ、工夫ある展示の数々で来館者を楽しませています。

    2020年7月9日、新たなクラゲエリア海月空感(くらげくうかん)」がオープンしました。

    水中を漂うクラゲたちをのんびりながめれば、疲れた心も癒されそうです。


    海月空感(くらげくうかん)のみどころ

    新たなクラゲエリアとなる「海月空感」では、複数種のクラゲを展示。

    様々な形の水槽や水流、照明や音響での演出により、クラゲ特有の魅力である「浮遊感」や「ゆったり感」を感じられるエリアになっています。

    ◆クラゲパノラマ

    新設された横幅約14メートルにもなるミズクラゲの展示水槽は、クラゲの展示としては国内最大級。

    大きく弧を描いた形で視界いっぱいにクラゲが広がり、まるで海の中にいるような、圧倒的な没入感。

    サンシャイン水族館「海月空感(くらげくうかん)」


    ◆クラゲスクリーン

    世界各地に様々な種類が生息するシーネットルの仲間には、触手の全長が5メートルにもなるものも。

    水中を優雅に漂う姿が美しいシーネットルの仲間ですが、触手には猛毒があります。

    サンシャイン水族館「海月空感(くらげくうかん)」


    ◆クラゲトンネル

    360度クラゲに囲まれるクラゲの空間にリニューアル。トンネル型水槽内の複雑な水流にのって、クラゲたちが回遊し、まるで水中にいるかのような浮遊感が楽しめます。

    サンシャイン水族館「海月空感(くらげくうかん)」


    ◆クラゲルーペ

    サンシャイン水族館「海月空感(くらげくうかん)」

    ※現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、水槽に手を触れることはできません。


    ◆クラゲドロップ

    サンシャイン水族館「海月空感(くらげくうかん)」

    ◆夢幻海月(むげんくらげ)

    サンシャイン水族館「海月空感(くらげくうかん)」


    クラゲをテーマにしたおみやげも

    「海月空感」で癒された後は、クラゲをテーマにサンシャイン水族館の飼育スタッフが監修した、個性豊かなお土産たちものぞいてみたい。

    サンシャイン水族館「海月空感(くらげくうかん)」

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.