English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 水戯庵(すいぎあん)

    2018年3月20日オープン
    日本橋


    アートアクアリウムアーティスト木村英智が手掛ける「水戯庵」

    能楽”をはじめとする日本の伝統芸能が楽しめる空間で、寿司、お酒、お茶、甘味を五感で味わうことができる、新感覚の劇場型レストラン&ラウンジ「水戯庵(すいぎあん)」が日本橋にオープンします。

    「アートアクアリウム 金魚シリーズ」や伝統産業を現代アートに変える展覧会「江戸桜ルネッサンス」を中心に、独自の手法で和の世界を表現してきた木村英智。伝統工芸や伝統産業、そして伝統芸能の魅力を新たな手法で表現したいという想いを体現したお店が水戯庵です。


    粋で艶やかな和の空間での伝統芸能

    日本橋に佇む福徳神社に隣接する“福徳の森”の地下。水戯庵の店内は巧緻を極めた伝統工芸の要素を取り入れ、粋で艶やかな和の空間が広がります。

    中央には、江戸時代に狩野派が描いた鏡板が象徴的な三間四方(約5.4m四方)の舞台を設置。能や狂言、日本舞踊をはじめとする伝統芸能が毎日繰り広げられます。

    amuzen「水戯庵(すいぎあん)」日本文化に出会える劇場型レストラン
    amuzen「水戯庵(すいぎあん)」日本文化に出会える劇場型レストラン
    店内イメージ


    この舞台には、能五流(観世流、宝生流、金春流、金剛流、喜多流)、能楽囃子方各流派狂言二流(大蔵流、和泉流)のほか、京舞井上流日本舞踊花柳流藤間流琉球舞踊宮城流文楽華道家元池坊といった、日本の伝統芸能を代表する各流派が日替わりで出演します。

     
    amuzen「水戯庵(すいぎあん)」日本文化に出会える劇場型レストラン
    amuzen「水戯庵(すいぎあん)」日本文化に出会える劇場型レストラン
    公演イメージ


    和の空間で味わう和食

    五感で味わう和の食事には、現存する最古の江戸前寿司処「すし栄(えい)」の寿司。

    和のアフタヌーンティーには「福寿園」のお茶と、京菓子の老舗「老松(おいまつ)」や「亀末廣(かめすえひろ)」の甘味など。

    アルコールは俳優 辰巳琢郎のセレクトによる純国産ワインや日本酒、ウイスキー等を用意。

    それぞれ、江戸、明治、大正時代の時代物(ビンテージ)の膳や器を中心に提供され、伝統芸能とともに楽しめます。

    amuzen「水戯庵(すいぎあん)」日本文化に出会える劇場型レストラン
    提供メニュー イメージ

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.