English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

サンリオ展 レポート

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • サンリオ展
    ニッポンのカワイイ文化60年史

    2021年9月17日(金)~2022年1月10日(月・祝)
    東京シティビュー

     

     


    カワイイ文化の成り立ちを中心に、創業60周年を迎えたサンリオの魅力を紹介する「サンリオ展」が開幕しました。

    今回はその実際の様子の一部をご案内します。

    写真(全て):展示風景


    サンリオ展のみどころ

    会場は海抜250mの空中にある東京シティビュー。

    サンリオ史上最多となる800点以上のキャラクター商品や貴重な原画とともに、カワイイを辿る展覧会です。

     

    サンリオ展 レポート

    © 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

     


    ◆エントランス展示「Unforgettable Tower」

    大きな窓越しに東京の景色を眼下に納めるエントランスには、全長約 6m のシンボリックアート「Unforgettable Tower」がそびえています。

    こちらは、横から見た様子。

     

    サンリオ展 レポート

    © 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

     

    制作者は。カワイイの大御所とも言える、増田セバスチャンさん。

    コメントは言い得て妙です。

    「サンリオのキャラクターやグッズは、我々の記憶の片隅にちょこんと存在しています。

    それは長らく日本人だけの感覚でしたが、今や世界中でも同じことが起きているでしょう。

    記憶というものはあやふやなもので、あの時自分はどうだったかな?と思い返しても意外と朧げです。

    ただ、懐かしさや、好きだった気持ちだけがふんわりと残っている。この「Unforgettable Tower」のように、不確かなバランスで成り立っているのです。

     

    サンリオ展 レポート

    © 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

     

    このコメントのように、展示を巡りながら来訪者のそれぞれが、自分の中の ≪記憶≫ と対話してしまう、不思議な展覧会です。

     


    ◆カワイイの贅沢空間

    サンリオ展のテーマは、「カワイイ」です。

    ハローキティ、リトルツインスターズ(キキとララ)、マイメロディ、シナモンロール、ポムポムプリンといったキャラクターたちが主役です。

    現代的な気分に合っていると言えども、カワイイ路線とは一線を画す「アグレッシブ烈子」や「ぐでたま」はお見かけしません。

    カワイイで一世を風靡してきたキャラクターたちと、贅沢な間取りでゆっくりと向き合える展示構成となっています。

     

    サンリオ展 レポート

    © 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

     

    「今頃、カワイイなのか」、などと侮るなかれ。

    本展の英語の副題「The beginning of KAWAII」にあるように、世界のカワイイの潮流の原点がここに見事に表現されています。

    どこかの記憶と今が交差する、時空のきらめき。

    あなたが何歳であっても、熱烈なファンではなかったとしても、出口にたどり着くまでには、思わず「カワイイ」と口にしてしまうことでしょう。

     


    ◆不滅のハローキティ

    日本はもとより世界中に熱烈なファンを生み出してきた、ハローキティ。

    キティちゃんの存在感は全体の中でも格別です。

     

    サンリオ展 レポート

    © 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

     


    展示の最後の方には、アーティストによるオリジナルアートもいくつか展示されています。

    こちらは、彫刻家の森貴也(もりたかや)さん作、「脱皮するキティ」。

    木からメタリックな身体に脱皮するキティちゃんがシュールです。

     

    サンリオ展 レポート

    © 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

     


    そして、プレ・オープンのこの日、キティちゃんのグリーティングというサプライズがありました。

     

    サンリオ展 レポート

    © 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

    ブラックのドレスはオートクチュール仕様で、驚くほどシックでエレガントな「カワイイ」です。

     


    サンリオ展のオリジナルグッズ

    展覧会だけでも、海外のファンが知ったら悶絶しそうなコンテンツでしたが、会場のすぐ外にある物販コーナーには所狭しと「サンリオ展」オリジナルグッズが並びます。

     

    サンリオ展 レポート

    © 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

     
    海外の展覧会では考えられないバラエティで、その数は100アイテム以上。

    メインビジュアルをモチーフとしたTシャツから、昔懐かしいファンシーグッズ、バッグや靴下や小物、木製グッズやアクセサリー、瓦せんべいや金平糖、そして何故か「卓上塩」まで、サンリオのカワイイキャラクターたちがグッズにあふれています。

     

    サンリオ展 レポート

    © 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

     
    増田セバスチャンさんのカラフルなポーチ(Thank You All)などもあります。

     


    サンリオ展 東京限定コラボメニュー

    会場と同じ階にあり、抜群の眺めを誇る「THE SUN & THE MOON」のカフェとレストランでは、コラボメニューが展開します。


    こちらは12月15日~1月10日にカフェで提供されるメニュー例。

    サンリオ展 レポート

    © 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

    ・マイメロディの冬野菜とメンチカツのカレー(左)
    ・ハローキティの丸ごとリンゴワッフル(中央)
    ・ポチャッコのかぼちゃシチュー(右)
    ・ハローキティ・マイメロディ・ウッィシュミーメルのパフェ(奥)

     

    フォトスポットで記念撮影もお忘れなく。

    サンリオ展 レポート

    © 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.