English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

蜷川実花展(TOKYO NODE) レポート

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • TOKYO NODE 開館記念企画 第二弾
    蜷川実花展 : Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠

    2023年12月5日(火)〜2024年2月25日(日)
    TOKYO NODE

     


    写真家・映画監督の蜷川実花クリエイティブチーム EiM(エイム)として挑む、作家史上最大の展覧会の様子をご紹介します。

     

    「蜷川実花展:
    Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠」の見どころ

    会場は、虎ノ門ヒルズステーションタワー45Fの情報発信拠点「TOKYO NODE」(2023年10月6日開業)。

    本展は、蜷川実花による展覧会としては過去最大となる展示面積(1,500㎡)に、圧倒的なスケールで没入感あふれる11作品で構成されています。

    CGを用いず「リアル」な被写体で構成された映像インスタレーションをはじめ、写真や立体展示など、すべてが新作です。

    クリエイティブチーム「EiM(エイム:Eternity in a Moment)」は、蜷川実花のほか、宮田裕章(データサイエンティスト)、Enzo(セットデザイナー)らから成り、作品ごとに異なるチームメンバーで制作。

    いのちのあり方を見つめる《残照 Afterglow of lives》から、《Unchained in Chains》《Breathing of Lives》《Flashing before our eyes》という前半の作品。

    Intersecting Future 蝶の舞う景色》《Fading into the Silence》《Luminous Echoes》《Blooming emotions》《瞬く光の中で In simmering light with you》の展示を経て、《胡蝶のめぐる季節 Seasons: Flight with Butterfly》、そして《Embracing lights》へ。

    一瞬の中に宿る美しさや感情を “Eternity in a Moment” に託し、さまざまな未来を紡ぎます。

     

    「蜷川実花展:
    Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠」 展示風景より

     
    蜷川実花展(TOKYO NODE)レポート|あみゅーぜん

     
    蜷川実花展(TOKYO NODE)レポート|あみゅーぜん

     
    蜷川実花展(TOKYO NODE)レポート|あみゅーぜん

     
    蜷川実花展(TOKYO NODE)レポート|あみゅーぜん

     
    蜷川実花展(TOKYO NODE)レポート|あみゅーぜん

     
    蜷川実花展(TOKYO NODE)レポート|あみゅーぜん

     
    蜷川実花展(TOKYO NODE)レポート|あみゅーぜん

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.