English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 入谷朝顔まつり

    2018年7月6日(金)~8日(日)
    真源寺(入谷鬼子母神)

     
    毎年、色とりどりの朝顔の花が美しく咲き誇る、夏の風物詩「入谷朝顔まつり」。

    入谷鬼子母神(いりやきしもじん)を中心に、言問通りに約60軒の朝顔業者と約80軒の露店(縁日)が並び、毎年、約40万人の人出で賑わう人気イベントです。

    朝顔まつりは、朝顔の花が開花する早朝から、夜遅くまで催されます(5:00~23:00)。

    また、70周年を迎える今年は、「入谷朝顔まつりフォトコンテスト」も初開催されます(7月6日~7月20日)。

    IMG_8692
    写真提供(すべて):下谷観光連盟・入谷朝顔実行委員会


    入谷の朝顔

    朝顔の花は、江戸時代末期(文化・文政の頃)から、江戸っ子の間で鑑賞花として爆発的な人気を博しました。

    最初は御徒目付(御徒町の下級武士)が栽培。明治初期からは、入谷の十数件の植木屋が栽培を始め、変わり咲きや大輪咲きの朝顔が評判に。

    朝顔市は1913年(大正2年)に一度途絶えましたが、地元有志により1948年(昭和23年)に復活し、現在まで続いています。

    IMG_8654


    朝顔

    熱帯アジアやヒマラヤ山麓が原産地といわれる、ヒルガオ科の一年草。日本には奈良時代に種子が漢方薬として伝わり、江戸時代に園芸植物として一大ブームに。朝顔は中国で「牽牛」(彦星)の花ということから、朝顔市は七夕の前後の三日間、開催されています。

    IMG_8734

    真源寺(入谷鬼子母神)

    真源寺(しんげんじ)は1659年、法華宗本門流の寺院として日融上人が開山。入谷鬼子母神像を祀り、安産・子育ての神として親しまれています。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.