English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

ゴッホ展 上野の森美術館

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • ゴッホ展

    2019年10月11日(金)〜2020年1月13日(月・祝)
    上野の森美術館

     
    後期印象派を代表する、19世紀のオランダ人画家、フィンセント・ファン・ゴッホ(1853~90)。ゴッホの豊かな表現力と鮮やかな色彩は、今日も人々を魅了し続けています。

    本展は、ハーグから始まり、フランスのパリ、アルル、サン=レミ、そしてオーヴェル=シュル=オワーズで悲劇的な死で幕を閉じるまでの画家の変遷を、「ハーグ派」と「印象派」という、ゴッホに影響を与えた画家たちの作品を交えて辿ります。

    世界10か国・地域25カ所より《糸杉》《麦畑》《薔薇》などの貴重なゴッホ作品約40点、マウウェなどのハーグ派とセザンヌ、モネなどの印象派の巨匠たちの作品約30点が集結します。

    監修は、ハーグ美術館館長ベンノ・テンペル。

    ゴッホ展 上野の森美術館


    ゴッホ展のみどころ

    ゴッホはいかにしてゴッホになったのか。本展では「ハーグ派」と「印象派」という2つの出会いによって導かれた、画家として短くも濃密な10年間を紹介します。

    とりわけ、ハーグ派は、ゴッホ作品の発展に大きな役割を果たしていながら、その重要性はあまり知られていませんでした。


    ◆静謐な「ハーグ派」

    27歳で画家となる決心をしたゴッホは、独学で学んだ後、ハーグ派の画家たちと交流しながら、描くことの基礎を学ぶ。風景やモデルを直接見て描くこと、農民たちの労働をひたむきに捉える姿勢など、ゴッホの土台はこの時に築かれた。

    ゴッホ展 上野の森美術館

    フィンセント・ファン・ゴッホ 《疲れ果てて》 1881年9-10月 ペン、水彩・紙 23.4×31.2cm 
    P. & N. デ・ブール財団 © P. & N. de Boer Foundation

    ゴッホ展 上野の森美術館

    フィンセント・ファン・ゴッホ 《農婦の頭部》 1885年4月 油彩・カンヴァス 46.4×35.3cm 
    スコットランド・ナショナル・ギャラリー © National Galleries of Scotland, photography by A Reeve

    ゴッホ展 上野の森美術館

    フィンセント・ファン・ゴッホ 《ジャガイモを食べる人々》 1885年4-5月 リトグラフ、インク・紙 26.4×32.1cm ハーグ美術館 © Kunstmuseum Den Haag


    ◆躍動の「印象派」

    ゴッホはオランダ各地を転々とした後、弟テオの住むパリへ。そこでアートの最新の動向や日本の浮世絵に刺激を受け、作風を劇的に変化させる。特に印象派からの影響は大きく、原色を用いた明るい色彩と、筆触を残す描き方を積極的に採り入れ、唯一無二の作風を打ち立てた。

    ゴッホ展 上野の森美術館

    フィンセント・ファン・ゴッホ 《アニエールのヴォワイエ・ダルジャンソン公園の入口》 1887年春 油彩・カンヴァス 
    54.6×66.8cm イスラエル博物館 
    Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Elie Posner

    ゴッホ展 上野の森美術館

    フィンセント・ファン・ゴッホ 《麦畑》 1888年6月 油彩・カンヴァス 50×61cm 
    P. & N. デ・ブール財団 © P. & N. de Boer Foundation

    ゴッホ展 上野の森美術館

    フィンセント・ファン・ゴッホ 《糸杉》 1889年6月 油彩・カンヴァス 93.4×74cm メトロポリタン美術館
    Image copyright © The Metropolitan Museum of Art.
    Image source: Art Resource, NY

     


    ゴッホ展 招待券プレゼント

    あみゅーぜんの読者に抽選で、「ゴッホ展」の観覧招待券を5組10名様にプレゼントいたします。

    応募ページリンク(準備中)
    ※抽選結果の発表は発送を以てかえさせていただきます。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.