English français       東京の文化、アート、おでかけ情報
 

シカゴ ウェストンコレクション 肉筆浮世絵-美の競艶

0
  • シカゴ ウェストンコレクション
    肉筆浮世絵-美の競艶
    ~浮世絵師が描いた江戸美人100選~

    上野の森美術館
    2015年11月20日(金)~2016年1月17日(日)

    アメリカ・シカゴの日本美術収集家、ロジャー・ウェストン氏所蔵の肉筆浮世絵は、個人コレクションとしては世界有数の規模と質を誇ります。本展では、その中から厳選された129点の作品を一挙に公開しています。

    「浮世」(時代の風俗)を描く浮世絵といえば、写楽の役者絵、歌麿の美人画、北斎や広重の風景画などの版画が思い浮かびます。それに対して、絵師が筆で絹や紙に直接描いた絵は、あえて「肉筆浮世絵」と呼ばれています。肉筆画では、細かく描かれた髪の生え際や薄い着物越しに透ける肢体など、その表現に絵師の高度なテクニックを見ることができます。

    喜多川歌麿、歌川豊国、葛飾北斎、河鍋暁斎など50人を超える絵師たちによる多彩な作品を通して、江戸初期から明治に至るまでの、様々な衣装や髪形で表される美人の変遷、また、それぞれの絵師にとっての理想の美人像が浮かんできます。

    さらにポイントはもう一つ。本展は、作品本来の色や絵師の繊細な筆づかいを間近に堪能できるよう、LED照明、有機EL照明、高透過性アクリルパネルなど、日本の最新技術を用いたハイテク展示です。

    Ueno Royal Museum "Ukiyoe Weston Collection" (article by amuzen) 葛飾北斎「美人愛猫図」 絹本一幅 享和〜文化年間(1801〜18) ©WESTON COLLECTION

    葛飾北斎「美人愛猫図」 絹本一幅 享和〜文化年間(1801〜18) ©WESTON COLLECTION

    Ueno Royal Museum Weston Collection exhibition (article by amuzen) 初代歌川豊国「時世粧百姿図」(一部) 絹本二十四葉 文化13年(1816) ©WESTON COLLECTION

    初代歌川豊国「時世粧百姿図」(一部) 絹本二十四葉 文化13年(1816) ©WESTON COLLECTION

    Ueno Royal Museum "Seductive Smiles" (article by amuzen) 菱川師宣「江戸風俗図巻」(部分)  絹本一巻 元禄年間(1688~1704)頃

    菱川師宣「江戸風俗図巻」(部分)  絹本一巻 元禄年間(1688~1704)頃 
    ©WESTON COLLECTION

  • ところ 上野の森美術館
    URL HPリンク 本展公式サイト
    HPリンク 上野の森美術館
    電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    日程  2015年11月20日(金)~2016年1月17日(日)
    ※会期中展示替えあり
    休館日:毎週月曜、2016年1月1日(金)
    ※11月23日(月・祝)、1月11日(月・祝)は開館
    時間 10:00~17:00(最終入館16:30)
    ※金曜日は20:00まで(最終入館19:30)
    料金 1,500 円
    (高校・大学生1,200 円、小・中学生500 円ほか)
    住所 東京都台東区上野公園1-2
    アクセス
    • 上野駅(JR:公園口)より徒歩3分
    • 上野駅(東京メトロ 日比谷線・銀座線、京成電鉄)より徒歩5分
    Yahoo 路線情報


※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

Share.

Comments are closed.