English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

六本木アートナイト2017

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 六本木アートナイト2017

    2017年9月30日(土)~10月1日(日)
    六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街ほか

    English français

    六本木の街を舞台とした一夜限りのアートの祭典、六本木アートナイト。8回目を迎える2017年のテーマは、「未来ノマツリ」。アジアを中心に世界中から彩り豊かなアートやパフォーマンスが集まる、新しくクリエイティブな「マツリ」を目指します。

    六本木アートナイト2017 (amuzen article)

    メインプログラム・アーティストには、写真家・映画監督として幅広く活躍する蜷川実花を迎え、六本木の街に一夜限りの美しく妖艶な世界を創出。また、初の試みとして、東南アジアにゆかりのあるアーティストが作品を制作・発表するプロジェクト「東南アジア・プロジェクト」も始動します。

    ◆蜷川実花によるメインプログラム

    蜷川実花が今回のテーマである「未来ノマツリ」に共鳴した複数のインスタレーションを展開予定。美しくカラフルでインパクトある色彩感とモチーフが楽しみです。

    六本木アートナイト2017 (amuzen article)

    ◆東南アジア・プロジェクト

    東南アジアのアーティストと東南アジアにゆかりのある日本人アーティストが、作品を制作・発表。六本木の街や人々と関わりながら、アート作品作りを通して六本木の街を盛り上げます。

    ナウィン・ラワンチャイクン
    《六本木物語》
    タイのアーティストのナウィン・ラワンチャイクンが六本木を舞台にした映画や絵画、ダンスなどを制作します。六本木の人達が登場しながら、この街の様々な表情と魅力が映し出されます。

    六本木アートナイト2017 (amuzen article)
    《OK Tower》
    OK Tower, 2016
    Installation view at Nishiura village, Megijima, Japan
    Photo by Navin Production

    ネオ・アンゴノ・アーティスト・コレクティブ
    《 巨人と歩く:彼らは私たちと同じ(六本木ヒガンテスプロジェクト)》
    巨人祭で有名なフィリピン・アンゴノのアーティスト集団。六本木を舞台に、アートナイトでしか見ることができない巨人祭を開催します。

    六本木アートナイト2017 (amuzen article)
    《Angono Higantes,Big and Small》
    photo credit : photo walk Philippines/whatsnewph.com

    国立奥多摩美術館
    《国立奥多摩美術館 24時間人間時計 〜アジア編〜》
    メンバーの多くが東南アジアでの作品発表の経験を持つ、アーティスト・コレクティブ「国立奥多摩美術館」(2012年、東京都青梅市にて発足)。今回はアジアをテーマに人が時計の針となる「24時間人間時計」に挑戦します。

    六本木アートナイト2017 (amuzen article)
    《24時間人間時計のためのドローイング》
    《Drawing for 24h Human Clock》

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.