English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

生誕90年 加山又造展

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 生誕90年
    加山又造展
    生命の煌めき

    2017年2月22日(水)~3月6日(月)
    日本橋髙島屋

    English français

    現代日本画を代表するアーティスト、加山又造(1927-2004)。日本画の絵師を祖父に、西陣織の図案師を父に持ち、幼少時より描くことに親しみ才能を発揮しました。京都市立美術工芸学校と東京美術学校(現東京芸術大学)にて学んだ後、日本画の伝統的な意匠や様式を鋭いセンスで現代に甦らせ、戦後日本画の革新を担う旗手として活躍しました。

    生誕90年 加山又造展 生命の煌めき(amuzen article)
    ≪淡月≫ 1996年 紙本彩色 郷さくら美術館蔵

    その世界は、華麗な装飾美による屏風絵はもとより、ラスコー洞窟壁画や西欧絵画の手法を取り入れた作品、水墨画、また、絵画にとどまらず陶器や着物の絵付けや宝飾品のデザインなどへと広がり、独自の表現を発展させました。

    生誕90年 加山又造展 生命の煌めき(amuzen article)
    ≪倣北宋水墨山水雪景≫ 1989年 絹本墨画 多摩美術大学美術館蔵

    本展では画家の生誕90年を記念して、初期から晩年に至る約70余点を通して、生命感あふれる美しく華麗な日本画の世界へと誘います

    生誕90年 加山又造展 生命の煌めき(amuzen article)
    ≪猫≫ 1980年頃  紙本着色 個人蔵

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.