English français       東京の文化、アート、おでかけ情報
 

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2017

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン
    「熱狂の日」音楽祭2017

    2017年5月4日(木・祝)~6日(土)
    東京国際フォーラムほか、大手町・丸の内・有楽町エリア

    français

    フランス西部の都市ナント生まれで、日本最大級のクラシック音楽の祭典、ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)。東京では2005年より毎年開催されている、ゴールデンウィークの人気イベントです(2016年まで延べ726万人来場)。東京国際フォーラムを核として、大丸有(大手町・丸の内・有楽町)エリア一帯が、今年も音楽であふれます。

    ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2017 (amuzen article)
    © K.MIURA

    「ラ・フォル・ジュルネ」(LFJ)の醍醐味は、堅苦しく思われがちなクラシック音楽を、普段着感覚、お祭り感覚で楽しめること。そして、世界一流アーティストの公演も、約45分・1500円からと、お手頃なフォーマットで聴けること。

    ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2017 (amuzen article)
    © K.MIURA

    ラ・ダンス 舞曲の祭典

    2017年のテーマは、「ラ・ダンス 舞曲の祭典」。「舞曲」と「リズム」を切り口に、宮廷舞踊や民俗舞踊を採り入れた傑作から、20世紀以降のジャズやロック、ワールド・ミュージックに触発された作品、さらにはタンゴやフラメンコ、和太鼓やジャズまで、躍動感あふれる多彩なプログラムにて約350公演(うち有料公演122公演)を予定。

    ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2017 (amuzen article)
    LFJ2017 テーマビジュアル

    多彩な出演者

    LFJ のホストオーケストラ「ウラル・フィル」をはじめ、ロワール管オーヴェルニュローザンヌ声楽アンサンブルや、ベレゾフスキーケフェレックエル=バシャペレス。また、井上道義&新日フィル小曽根真小山実稚恵竹澤恭子をはじめ、国内外から多数の著名なオーケストラやアーティストも参加

    ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2017 (amuzen article)
    © K.MIURA

    イベントやショップ

    さらに、有料公演チケットまたは半券にて、大人から子供まで楽しめる「参加型スペシャルプログラム」も開催(東京国際フォーラム・ホールE「ベジャール」)。また、今年は新たに、京橋エドグラン東京スクエアガーデンエリアコンサートの会場に加わり、ショップや屋台も充実しています。

    この機会に、家族、恋人、友人と、あるいは一人でふらりと音楽の街歩きに出かけてみませんか?

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.