English français       東京の文化、アート、おでかけ情報
 

俺たちの国芳 わたしの国貞

0
  • ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞

    Bunkamuraザ・ミュージアム
    2016年3月19日(土)~6月5日(日)

    English français

    ボストン美術館の日本美術コレクションは世界随一の規模と質を誇ります。本展ではその中から、歌川国芳(1797~1861)と歌川国貞(1786~1864)の厳選された名品を紹介。幕末の人気絵師たちの精巧で豪華な多色摺りの作品などとともに、江戸の粋、ポップカルチャー、当時の人々のくらしを堪能できる、またとないチャンスです。

    国芳と国貞は、歌舞伎役者の浮世絵で一世を風靡した初代歌川豊国一門の兄弟弟子でありながら、作風は対照的です。

    国芳は歴史や伝奇物語の英雄たちを大胆な構図に描く武者絵で人気を博し、躍動感あふれるポーズやスタイリッシュな着こなしの男の姿を描きました。また、戯画も含めさまざまなジャンルで、斬新なアイデアとデザインの作品を生み出しました。国芳のセンスは、現代のクリエイターにも刺激を与え続けています。

    Bunkamura The Museum “Kuniyoshi & Kunisada” (article by amuzen)
    Bunkamura The Museum “Kuniyoshi & Kunisada” (article by amuzen)Bunkamura The Museum “Kuniyoshi & Kunisada” (article by amuzen)
    国貞は美人画や役者絵で幕末の浮世絵界随一の人気を誇りました。役者絵では、歌舞伎役者の顔や表情など特徴をとらえ、強烈なキャラクターとして描き、数々のヒット作を生み出しました。美人画では、当時流行りの着付けや髪型、化粧法を取り入れ、時流に乗った女性像を描き出しました。国貞は自ら「二代豊国」を名乗り、門人も多く抱え、工房制作を行うことで機能的、効果的に数多くの錦絵を描きました。

    Bunkamura The Museum “Kuniyoshi & Kunisada” (article by amuzen)

    Bunkamura The Museum “Kuniyoshi & Kunisada” (article by amuzen)

    Bunkamura The Museum "Kuniyoshi Kunisada" (article by amuzen)

    「御誂三段ぼかし 浮世伊之助」三代目岩井粂三郎、「葉歌乃新」初代河原崎権十郎、「野晒語助」四代目市川小團次、「夢乃市郎兵衛」五代目坂東彦三郎、「紅の甚三」二代目澤村訥升、「提婆乃仁三」初代中村福助  安政6(1859)年 William Sturgis Bigelow Collection, 11.42194-9
    Photograph © 2015 Museum of Fine Arts, Boston

    PR

  • ところ Bunkamuraザ・ミュージアム
    URL HPリンク
    電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    日程 2016年3月19日(土)~6月5日(日)
    ※会期中無休
    時間 10: 00-19: 00 (最終入館:18: 30)
    料金 1,500円
    (大学・高校生1,000円、中学・小学生700円)ほか
    住所 東京都渋谷区道玄坂2 – 24 – 1
    アクセス
    • 渋谷駅(東急 東横線、東急 田園都市線、東京メトロ 半蔵門線、副都心線:3a出口)より徒歩5分
    • 渋谷駅(JR線:ハチ公口)より徒歩7分
    • 渋谷駅(東京メトロ 銀座線、京王 井の頭線)より徒歩7分
    Yahoo 路線情報


※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

Share.

Comments are closed.