English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • ECO EDO 日本橋アートアクアリウム2017 ~江戸・金魚の涼~ & ナイトアクアリウム

    2017年7月7日(金)~9月24日(日)
    日本橋三井ホール

    アートアクアリウムアーティスト 木村英智が手掛ける、“アート、デザイン、エンターテイメント”と“アクアリウム” が融合した「アートアクアリウム」。11年目の今年は金魚文化が花開いた”東京・日本橋“と悠久の歴史をもつ“古都・京都”という、東海道が繋ぐ唯一無二の和の文化を象徴する2都市で展覧会を開催。

    日本橋アートアクアリウム2017 ~江戸・金魚の涼~ (amuzen article)

    日本橋会場のテーマは「江戸・金魚の涼」。江戸時代に日本橋で金魚が庶民文化として根付き、金魚を鑑賞して涼をとっていた文化を現代に蘇らせます。

    龍宮城”をコンセプトに、金魚を中心に海の魚たちも交えた約8,000匹の観賞魚とともに、非日常的で幻想的な和の水中世界が広がります。ナイトアクアリウムは、国内・海外トップDJを迎え、“龍宮城”フェスに!

    ◆主な作品

    行燈をモチーフにしたアクアリウムが、儚い夢のような灯りを放つ「アンドンリウム(Andonrium)」。雪洞に見立てた1つの水槽に1匹だけ泳ぐ金魚の姿がまるで影絵のような「ボンボリウム(BonBorium)」。巨大金魚鉢を囲む17のアクアリウムに、江戸の花街の女たちになぞらえた3,000匹もの金魚が艶やかに舞泳ぐ「超・花魁(SuperOiran)」をはじめ、龍宮城を彩る新作も登場。

    日本橋アートアクアリウム2017 ~江戸・金魚の涼~ (amuzen article)
    超・花魁&テマリリウム

    【新作】九谷金魚品評
    九谷焼で制作されたアートアクアリム。品評会に倣った正しい金魚の見方である上見で金魚を観賞し、横からは九谷焼で描かれた金魚達の華やかな世界を楽しむ、贅沢な作品。

    日本橋アートアクアリウム2017 ~江戸・金魚の涼~ (amuzen article)
    日本橋アートアクアリウム2017 ~江戸・金魚の涼~ (amuzen article)

    キリコリウム/Kirikorium
    江戸切子のカットグラス工法の良さを生かし、上から見ても横から見ても、金魚達が美しく見える作品。

    日本橋アートアクアリウム2017 ~江戸・金魚の涼~ (amuzen article)

    【新作】龍宮四季絵巻
    龍宮城の映像が投射された縦方向の水槽には、乙姫様をイメージさせるヒレナガゴイ、手前の水槽には海水のサンゴ礁。龍宮城の世界を投射されたアクアリウムの上部の映像では、現実世界を時の流れを表しています。

    日本橋アートアクアリウム2017 ~江戸・金魚の涼~ (amuzen article)

    【新作】タマテリウム/Tamaterium
    玉手箱をモチーフにしたアートアクアリウム。重厚なアクリルにより制作された玉手箱に金沢の金箔で絵柄を施した豪華な作品。

    日本橋アートアクアリウム2017 ~江戸・金魚の涼~ (amuzen article)

    【新作】床掛け金魚飾
    生きた金魚の動きと映像の融合による、掛軸のアートアクアリウム。

    日本橋アートアクアリウム2017 ~江戸・金魚の涼~ (amuzen article)


    ◆スペシャルステージとイベント

    ナイトアクアリウムでは、土曜日を中心に、DJプレイやジャズバンドのライブ、祇園の舞妓・芸妓による京舞、大衆演劇の花魁ショーなどのスペシャルステージを開催。
    また、「花魁」や「ボンボリウム」などのさまざまな作品が鎮座し、赤く彩られた幻想的な『水戯の舞台』では、光と音、それに合わせて表情を変えるアクアリウムたちを共に連れ、艶やかで色気あふれる日本舞踊などの伝統芸能が披露されます。


    ◆アートアクアリウム夏祭り(福徳の森)

    期間中、福徳の森にて、アートアクアリウムのスピンオフ企画として、「金魚も踊る!アートアクアリウム夏祭り」を初開催。盆踊りやDJによるライブエンターテイメント、金魚すくいやヨーヨー釣りなどが楽しめる縁日屋台が登場します。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.