English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

ゴッホ展 東京都美術館

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • ゴッホ展
    響きあう魂 ヘレーネとフィンセント

    2021年9月18日(土)~12月12日(日)
    東京都美術館

     

     
    20世紀初頭にファン・ゴッホに魅了され、その世界最大の個人収集家となったヘレーネ・クレラー=ミュラー(1869-1939)に焦点を当てた「ゴッホ展」が東京都美術館にて開催されます。

    本展は福岡、名古屋に巡回予定。

     


    「ゴッホ展」のみどころ

    黄と青の対照がまばゆいアルル時代の《種まく人》、糸杉を描いたサン=レミ時代の傑作《夜のプロヴァンスの田舎道》をはじめとするゴッホの名作が来日します。

    本展では、ヘレーネが初代館長を務めたクレラー=ミュラー美術館のコレクションからファン・ゴッホの絵画28 点と素描・版画20 点を展示し、その初期から晩年までの画業をたどります。

    また、彼女の関心や収集傾向を明らかにするミレー、ルノワール、スーラ、ルドン、モンドリアンらの作品20 点もあわせて展示し、ヘレーネの類まれなコレクションを紹介します。

    さらに、ファン・ゴッホ美術館から、《黄色い家(通り)》を含むファン・ゴッホの絵画4点も展示します。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.