English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

竹工芸名品展 東京国立近代美術館工芸館

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
    メトロポリタン美術館所蔵

    2019年9月13日(金)~12月8日(日)
    東京国立近代美術館工芸館

     
    竹工芸特有の美しさと表現形態は、今、世界的に関心を集めています。なかでもニューヨークのアビー夫妻が収集した日本の近現代の竹工芸作品は「アビー・コレクション」として知られています。

    アビー・コレクションを日本で初公開する里帰り展(※)が、日本の近現代の工芸及びデザイン作品を専門とする東京国立近代美術館工芸館で、満を持して開催されます(※大分、東京、大阪での巡回展)。

    ニューヨークのメトロポリタン美術館で2017~2018年に開催された展覧会を基軸に、日本の竹工芸の造形美の魅力を改めて紹介する特別な機会となります。

    竹工芸名品展 東京国立近代美術館工芸館

    飯塚小玕斎《白錆花籠 雲龍》1990年

    写真(文中すべて):
    The Abbey Collection, “Promised Gift of Diane and Arthur Abbey to The Metropolitan Museum of Art.”
    Images © The Metropolitan Museum of Art

     

    「竹工芸名品展」のみどころ

    本展は東日本西日本九州の3地域から構成され、アビー・コレクション(メトロポリタン美術館収蔵予定)の珠玉の竹工芸作品75件とともに、工芸館所蔵の近代工芸の名品を併せて展示。

    日本の近現代工芸の文脈において、より俯瞰的な視点からアビー・コレクションを展覧することのできる、東京会場だけの特別企画となります。

    明治の名工から現代の作家までの作品を通じて明らかとなる、”工芸” から “アート”への歴史、近現代アートとしての竹工芸品のダイナミックで繊細・緻密な造形美、名匠と継承の系譜などに注目。

    竹工芸名品展 東京国立近代美術館工芸館

    藤塚松星《潮》1978年


    ◆東日本

    竹工芸の世界では、明治時代に花籠などを作る「籠師」と呼ばれる職人が台頭。次第に「職人」から「作家」を目指し、美術展覧会でも活躍。

    • 大正から昭和にかけて、竹工芸を芸術の域にまで高めた飯塚琅玕斎小玕斎
    • 竹工芸での「人間国宝」 勝城蒼鳳藤沼昇など

     

    竹工芸名品展 東京国立近代美術館工芸館

    飯塚琅玕斎《花籃 旅枕》1940年代前半

    竹工芸名品展 東京国立近代美術館工芸館

    藤沼昇《網代編盛籃 無双》2012年

    竹工芸名品展 東京国立近代美術館工芸館

    本間秀昭《流紋》2014年

     


    ◆西日本

    江戸時代末期から明治時代の初め、茶の文化の中心地であった大阪では、中国趣味や文人文化の趣向が流行。「唐物(からもの)」と呼ばれる中国製の道具類が珍重され、国内でも唐物風の煎茶道具を作る籠師が増えた。煎茶愛好家の強力な支援を背景に、日本独自の編みの手法や様式が発展。

    • 初代早川尚古斎にはじまる早川家
    • 初代和田和一斎、その一門から出た初代田辺竹雲斎にはじまる田辺家、初代田辺竹雲斎の流れをくむ前田竹房斎の家系など

     

    竹工芸名品展 東京国立近代美術館工芸館

    三世早川尚古斎《堤梁花籃 舞蛙》1918 年

    竹工芸名品展 東京国立近代美術館工芸館

    門田篁玉《維新》1981 年

    竹工芸名品展 東京国立近代美術館工芸館

    四代田辺竹雲斎《舟形花籃 出帆》2015 年

     


    ◆九州

    大分県の別府は、明治時代後期から、別府温泉の発展と豊富で優良な竹林資源によって、竹細工の産業が発展し、多くの名工を生む。

    • 竹工芸の分野で初の「人間国宝」となった、生野祥雲斎
    • 門田二篁生野徳三など

     

    竹工芸名品展 東京国立近代美術館工芸館

    生野徳三《洸》1993 年

     

    竹工芸名品展 東京国立近代美術館工芸館

    本田聖流《舞》2000 年

     

    竹工芸名品展 招待券プレゼント

    あみゅーぜんの読者に抽選で、本展「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション―メトロポリタン美術館所蔵」の観覧招待券を5組10名様にプレゼントいたします。

    応募ページリンク(準備中)
    ※抽選結果の発表は発送を以てかえさせていただきます。

    竹工芸名品展 東京国立近代美術館工芸館

    本展 チラシ


    ◆アビー・コレクションとは

    ダイアン & アーサー・アビー夫妻は、ニューヨーク在住の現代美術収集家。
    1990年代から夫妻が収集した、200点超の日本の近現代の竹工芸作品は、世界屈指の貴重なコレクションとして知られている。うち70点超をメトロポリタン美術館に寄贈(2020年、同館に収蔵予定)。


    ◆世界を魅了した日本の竹工芸

    「アビー・コレクション」が収蔵されるのを機に、メトロポリタン美術館は2017~2018年、「Japanese Bamboo Art: The Abbey Collection(日本の竹工芸:アビー・コレクション)」展を開催。近現代アートとしての日本の竹工芸に焦点を当てた同展は、47万人以上を動員し、大きな話題になった。


    ◆東京国立近代美術館工芸館について

    工芸館は、日本で最初の国立美術館である東京国立近代美術館の分館として、1977 (昭和52) 年に開館。陶磁、ガラス、漆工、木工、竹工、染織をはじめとする多彩なジャンルで、近現代の工芸およびデザイン作品を収集・展示している。
    工芸館の赤レンガの建物は1910(明治43)年築、国の重要文化財。
    2020年、石川県金沢市へ移転予定。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.