English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

ショートショート フィルムフェスティバル

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019

    2019年5月29日(水)~6月16日(日)
    都内5会場およびオンライン会場

     
    「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」が今年も開催されます。

    2019年は、130の国・地域からの応募作品およそ10,000本から、厳選された約200作品を無料にて上映予定(※一部イベントは有料)。

    ※文中敬称略


    ショートショート フィルムフェスティバル & アジアとは

    「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(略称:SSFF & ASIA)は、全会場にてショートフィルムの優秀作品が、無料で鑑賞できる人気のイベントです。1999年、別所哲也(俳優)により創立。

    米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭として、SSFF & ASIAのオフィシャルコンペティション3部門(「ジャパン部門」「アジア インターナショナル部門」「インターナショナル部門」)の各優秀賞に加え、今年はノンフィクション部門 supported by ヤフー株式会社 優秀賞を合わせた計4作品が、翌年の米国アカデミー賞の短編部門の候補作品としてノミネートされます。


    SSFF & ASIA 2019 のみどころ

    ◆テーマ

    21年目を迎える今年のテーマは、「Cinematic Attitude」。世界中の監督が自身の感性に従ってすくい取った「文化や社会」が反映されたショートフィルム作品群を、様々な部門や特別プログラムで上映予定。


    ◆観覧方法

    まずは公式サイトでスケジュールをチェック。見たい映画・イベントをクリックすると事前申込できます(当日、整理券と引き換えが必要)。残席がある場合には、会場で当日券が配布されます(※詳細は公式サイト)。

     

    ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019
    上映作品より “Coin Lunch” David Allen (2018)

    ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019
    “Geno” Dato Kiknavelidze (2017)

    ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019
    “ROBIN” 倉田健次 (2019)

     


    ◆上映会場

    ・5/30(木)~6/2(日) iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ
    ・6/6(木)~9(日) 表参道ヒルズ スペース オー
    ・6/11(火) 赤坂インターシティコンファレンス the AIR
    ・6/11(火)~14(金) アンダーズ 東京 Andaz Studio
    ・6/13(木)~15(土)  シダックス・カルチャーホール


    ◆SSFF & ASIA 2019 オンライン会場

    会場に足を運べない人も、ショートフィルムの魅力を存分に体験できる、オンライン会場を設置。

    U-25プロジェクトsupported by 日本セーフティーほか、アカデミー賞やカンヌ映画祭受賞&ノミネート作品、観光映像大賞ファイナリスト作品も配信予定。


    ◆Ladies for Cinema Project

    女性フィルムメイカーによる世界のショートフィルムの特集。プロジェクトプレゼンター 木村 佳乃(女優)によるキュレーションでお届けします。

    ◆U-25プロジェクト

    国内在住の25歳以下の若手クリエイターによる5分以下の作品を特集。

     

    ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019
    “Rainbow Children: Portrait of Elika” Maryam Bayani (2018)

    ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019
    “My Friend Michael Jones” Samson Rambo & Ian Leaupepe (2018)

    ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019
    “Osama & Ayman” W Sam Price-Waldman, Chris Cresci & Ben Mullinkosson (2018)

    ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019
    “Marielle and Monica” Fábio Erdos (2018)

     


    ◆豪華で多彩な審査員(順不同)

    ■ 公式部門ジャパンアジアインターナショナルインターナショナル
    安藤桃子(映画監督)、かたせ梨乃(女優)、ジーナ・デラバルカ
    (Show Me Shorts 映画祭(ニュージーランド)・フェスティバルディレクター)、中江 有里(女優・作家)、永瀬 正敏(俳優)

    CGアニメーション部門
    諏訪道彦(テレビプロデューサー)、杉山知之(デジタルハリウッド大学学長)、とよた真帆(女優)

    ■ 地球を救え!部門 supported by リンレイ
    加藤英明(静岡大学教育学部講師)、冨永愛(モデル)、宮沢和史(シンガーソングライター)

    ■ノンフィクション部門 supported by ヤフー株式会社
    原田眞人(映画監督)、ホラン千秋(キャスター・タレント)、水上賢治(映画ライター)
    ほか

    ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019
    写真 (左上より時計まわりに)ジーナ・デラバルカ・永瀬正敏・かたせ梨乃・杉山知之・加藤英明・宮沢和史・冨永愛

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.