English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

東京シティビューで、夏の大空を体感

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 東京シティビューで、夏の大空を体感

    2018年7月13日(金)~9月2日(日)
    六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー

     

    東京シティビューで、夏の大空を体感

    海抜270m、オープンエア形式の展望施設としては関東一の高さを誇る “都内で最も空に近い場所” 屋上スカイデッキ」(森タワー屋上)。

    今年は、壮大な景色や夜景とともに、世界の海と環境を考え楽しく学べる夏イベントを開催。デジタル地球儀「触れる地球」、「オーストラリア now」の展覧会のほか、浴衣での来館者への特典、天文観望体験などが目白押し。スペシャルな場所で、スペシャルな夏が体験できます。


    関連記事:六本木ヒルズの夏イベント」をチェック


    海の地球ミュージアム2018

    国連や世界の博物館でも大人気のデジタル地球儀触れる地球」が展望台に登場。「海」に焦点を当て、地球のふしぎ、地球の過去・現在・未来が楽しく学ベます。

    【日程】 7月13日(金)~9月2日(日)
    【時間】 10:00~22:00 (最終入場 21:30)

    海の地球ミュージアム

    ユニヴァーサル・プリンシプルズ 

    在日オーストラリア大使館が中心となって展開するプログラム「オーストラリア now」の展覧会(六本木ヒルズ展望台・スカイギャラリー3)。環境問題をリセットする現代オーストラリアの文化・ライフスタイル、斬新なイノベーションを、ドローイング、模型、映像で紹介。

    【日程】 7月7日(土)~8月26日(日)

    レズ・ウィルソン・バラマンディー・ディスカバリー・センター
    レズ・ウィルソン・バラマンディー・ディスカバリー・センター © David Sandison
     

    浴衣DE無料!スカイデッキ

    浴衣での来館者(甚平等も可)は「スカイデッキ」入場料(一般500円・子供300円)が無料に!

    【日程】7月14日(土)~8月26日(日)
    ※展望台入館料別途
    ※強風、雨天、荒天時はクローズとなります。


    六本木天文クラブ 星空観望会

    通常入れないスカイデッキのヘリポート内にて、天文の専門家の解説を聞きながら夏の星空を鑑賞するイベント。

    【日程】詳細HP ※雨天・曇天時は中止
    【料金】無料 ※スカイデッキまでの入場料別途(一般2,300円)。

    天文クラブ(展望台東京シティビュー)

    屋上スカイデッキは22:00まで営業延長

    海抜270メートルから東京を一望できるスカイデッキの営業時間が、期間限定で22:00まで延長(通常20:00)。都会の暮れ行く景色から夜景へのグラデーション、近郊の花火や星空などを、素敵なBGMとともに。

    【日程】 7月14日(土)~8月26日(日)
    ※スカイデッキへの最終入場は21:30
    ※荒天時はクローズ

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.