English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

六本木アートナイト2019

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 六本木アートナイト2019

    2019年5月25日(土)~26日(日)
    六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街ほか

     
    六本木の街を舞台とした一夜限りのアートの祭典「六本木アートナイト」が、2019年も初夏に開催されます。

    メインプログラム・アーティストにチェ・ジョンファ、テーマは“夜の旅、昼の夢”。また今年は「プレプログラム」として、巨大な赤いボールが六本木に出没します!

    言葉を越えて喜びや感動をもたらすアートの力を、オールナイトで満喫してみませんか?


    六本木アートナイトとは

    六本木の街じゅう至るところで、現代アート、デザイン、音楽、映像、パフォーマンスなどさまざまなアートが夜通し楽しめるお祭りです。

    過去にはヤノベケンジ、草間彌生、日比野克彦、蜷川実花、名和晃平など日本の現代アートを牽引するアーティストが参加し、東京を代表するアートの祭典として、回を重ねるごとに発展し続けています。

    毎年、初夏または秋の週末に、その年のメインプログラム・アーティストとテーマとともに開催され、2019年は記念すべき10回目を迎えます。

    ※夜通し街中で楽しめるアートの祭典は、パリの「ニュイ・ブランシュ」など、世界の都市でいくつかあります。「六本木アートナイト」は、美術館の”六本木トライアングル”をはじめ、アートやデザインの集積地である国際都市・六本木ならではのお祭りでもあります。


    六本木アートナイト2019 の見どころ

    ◆六本木アートナイト 2019 テーマ  “夜の旅、昼の夢”

    六本木の街に拡がる現代アート、パフォーマンス、映像、音楽などの多様なアート作品。アートを巡る一夜限りの旅に出ましょう。街を彩るアートが創造するのは、時空を超えた体験。この旅の終わりに見る夢はどのようなものなのでしょう。

    六本木の街なかを移動する赤い玉、巨大バルーン、光る鳥、浮遊する岩など、世界各地から集まった約50点のインスタレーションやパフォーマンスとともに「夜の旅、昼の夢」が展開します。

    六本木アートナイト2019
    六本木アートナイト2019 メインビジュアル

    ※グラフィックやモーショングラフィックを中心に、多様な領域で活動する groovisions(グルーヴィジョンズ)によるデザイン。


    ◆メインプログラム・アーティストにチェ・ジョンファ

    メインプログラム・アーティストには、10回目にして初の外国人アーティスト チェ・ジョンファ(崔正化)を迎えます。

    世界的に活躍し、また芸術や文化は見る者だれにでも開かれていると一貫して訴え続けているチェ・ジョンファによる「華やかでハッピー、夢のような一夜」に乞うご期待。


    ■ 六本木ヒルズアリーナ、東京ミッドタウン、国立新美術館をつなぐインスタレーション作品

    六本木ヒルズアリーナには、果物や野菜によるカラフルなバルーン彫刻《フルーツ・ツリー》が登場し、2日間繰り広げられる様々なイベントの舞台にもなる六本木ヒルズアリーナを、鮮やかな宴会場のように飾ります。

    六本木アートナイト2019
    チェ・ジョンファ《フルーツ・ツリー》


    ◆巨大な赤いボールが六本木に出没!

    今年は「六本木アートナイト2019」の開催に先駆けて展示・設置する「プレプログラム」を開催。Red Ball Project(レッドボールプロジェクト)が日本に初上陸します。

    六本木アートナイトの本番5日前の5月20日(月) より、毎日、六本木エリアの異なる場所に直径4.5メートルの巨大な赤いボールが出現し、街行く人を楽しませます。

    六本木アートナイト2019
    六本木アートナイト2019
    《Red Ball Project》(過去の展示風景)

    ※「Red Ball Project」は、アメリカ出身のアーティスト カート・パーシキーが立ち上げたプロジェクトで、今までに世界中の30都市で開催。日本では今回が初の取組となります。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.