English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

ルネ・ラリック リミックス 東京都庭園美術館

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • ルネ・ラリック リミックス
    時代のインスピレーションをもとめて

    2021年6月26日(土)~9月5日(日)
    東京都庭園美術館

     

     

    ☞ ルネ・ラリック リミックス展 内覧会レポートを見る

     

    アール・ヌーヴォー、アール・デコの両時代にかけて、ジュエリーやガラス工芸で一世を風靡した、ルネ・ラリック(1860-1945)。

    本展では、東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)とも縁の深い、ルネ・ラリックの名品の輝きを、アール・デコの精華を取り入れた歴史的・芸術的建造物の中で堪能することができます。

     

    ルネ・ラリック リミックス 東京都庭園美術館

    常夜灯《ツバメ》、ほや《つむじ風》1919年、ギャルリー オルフェ

     


    ルネ・ラリック リミックス展のみどころ

    19世紀末から20世紀半ばにかけて、ジュエリー作家/ガラス工芸家という肩書を超え、生涯を通して芸術家としての独自の道を切り拓いたルネ・ラリック(フランス・シャンパーニュ地方出身)。

    モダンジュエリーの祖として、また50歳以降はアール・デコを代表するガラス工芸家として活躍したルネ・ラリックの、尽きることのないインスピレーションとは?

     

    ルネ・ラリック リミックス 東京都庭園美術館

    香水瓶《シダ》1912年、北澤美術館蔵、撮影:清水哲郎

    ルネ・ラリック リミックス 東京都庭園美術館

    香水瓶《シダ》(部分)1912年、北澤美術館蔵、撮影:清水哲郎

     


    ◆ラリックがキャリア初期に手掛けた希少なジュエリー

    量産されたガラス製品と異なり、1880年代から1900年代に制作された1点ものの希少な作品のうち、20点のジュエリーと2点のデザイン画を公開します。

     

    ルネ・ラリック リミックス 東京都庭園美術館

    バタフライ・ブローチ《シルフィード》 1900年頃、個人蔵、協力:アルビオン アート・ジュエリー・インスティテュート

    ルネ・ラリック リミックス 東京都庭園美術館

    ペンダント《冬景色》1898年頃、個人蔵、協力:アルビオン アート・ジュエリー・インスティテュート

    ルネ・ラリック リミックス 東京都庭園美術館

    ブレスレット《ヴェロニカ》1900年頃、個人蔵、協力:アルビオン アート・ジュエリー・インスティテュート

     


    ◆自然光の中で見るラリック作品

    ラリックが生きた時代(1933年)に建設され、ラリックがデザインした正面玄関ガラスレリーフ扉と、ラリックのシャンデリアが施された旧朝香宮邸(当館本館)で、ラリック作品が最も美しく見える自然光の中で展覧します。

     

    ルネ・ラリック リミックス 東京都庭園美術館

    常夜灯《二羽の孔雀》1920年、大村美術館(角館)蔵

    ルネ・ラリック リミックス 東京都庭園美術館

    シール・ペルデュ花瓶《ユーカリ》1923年、北澤美術館蔵、撮影:清水哲郎

    ルネ・ラリック リミックス 東京都庭園美術館

    花瓶《ラングドック》1929年、ギャルリー オルフェ

    ルネ・ラリック リミックス 東京都庭園美術館

    「工芸の中庭」列柱廊・扉装飾パネル《ガラス職人》1925年、大村美術館(角館)蔵

     


    ◆建築家 中山英之による新館の展示デザイン

    本館の旧朝香宮邸と対照的な新館ギャラリーでは、中山英之による「もう一つの建物」で、ラリック作品と作品のバックグラウンドを「図鑑」のように体験できる空間が展開します。

     

    ☞ ルネ・ラリック リミックス展 内覧会レポートを見る

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.