English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

イスラエル博物館所蔵 ピカソ

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • イスラエル博物館所蔵 ピカソ
    -ひらめきの原点-

    2022年4月9日(土)~6月19日(日)
    パナソニック汐留美術館

     

     

    イスラエル博物館(エルサレム)所蔵のピカソ・コレクションより、精選した版画作品を中心に、油彩画、ドローイング、写真も織り交ぜながら、ピカソ作品の軌跡を辿る展覧会が開催されます。

     


    「イスラエル博物館所蔵 ピカソ」のみどころ

    ◆ イスラエル博物館より、選りすぐりのピカソ作品が初来日

    800点あまりのグラフィック作品を中心とする、イスラエル博物館のピカソ・コレクションがまとまって紹介されるのは日本初となります。

     


    ◆ 初期から晩年まで、ピカソの軌跡を辿る

    ピカソの1900年頃から1970年のまでの作品を年代順に展示。

    作風と主題やモチーフの変遷を辿り、ピカソの豊饒な創作の軌跡を辿ります。

     


    ◆ さまざまな版画技法を追究するピカソの探求心に迫る

    ピカソの主要な4つの版画作品を紹介します。

    青の時代の傑作銅版画《貧しい食事》を含む〈サルタンバンク・シリーズ〉、1930年代の〈ヴォラール連作〉、戦時期の《フランコの夢と嘘 I、II》、86歳で制作した〈347シリーズ〉。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.