English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

おべんとう展 東京都美術館

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • BENTO
    おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン

    2018年7月21日(土)~10月8日(月・祝)
    東京都美術館

     

    ハレの日から毎日のお昼まで、生活の中に根づいているお弁当。

    本展は、日本の食文化であり、人と人をつなぐ「おべんとう」をコミュニケーション・デザインの視点から捉え、その魅力を体験して発見する展覧会です。

    会場には江戸時代の遊び心たっぷりなデザインのお弁当箱から、現代の作家たちのインスタレーションまで、大人も子供も楽しめる展示が満載。

    出品作家として、マライエ・フォーゲルサング(オランダ)、“お弁当ハンター”の写真家 阿部了、“発酵デザイナー”の小倉ヒラクをはじめ、気鋭のアーティスト8名が参加します。

     

    おべんとう展の見どころ

    歌って踊れる「おべんとう」!?

    会場には最初に、小倉ヒラクのお弁当をテーマとした新作アニメーション作品が登場。親しみやすいキャラクターにメロディや振り付けで、歌って踊ると自然とお弁当のことがよくわかります。


    「おべんとう」が生み出すコミュニケーション

    お弁当を作ることや食べることが生み出す、日常のコミュニケーションに注目した作品を展示します。

    阿部了 《ひるけ》2018年
    阿部了 《ひるけ》2018年

    《あゆみ食堂のお弁当》2017年 料理:大塩あゆ美、写真:平野太呂
    《あゆみ食堂のお弁当》2017年
    料理:大塩あゆ美、写真:平野太呂

    森内康博 《making of BENTO》イメージスケッチ
    森内康博 《making of BENTO》イメージスケッチ


    「おべんとう」体験

    お弁当にまつわる生き生きとした物語や、《おすそわけ横丁》という空間が館内に展開。

    マライエ・フォーゲルサング《intangible bento》イメージスケッチ
    マライエ・フォーゲルサング《intangible bento》イメージスケッチ

    北澤潤 《FLAGMENTS PASSAGE -おすそわけ横丁》 イメージスケッチ
    北澤潤 《FLAGMENTS PASSAGE -おすそわけ横丁》
    イメージスケッチ


    遊び心あふれる弁当箱

    江戸時代に宴などで使われた弁当箱から、食べるシチュエーションごとに異なるデザインの弁当箱や世界の弁当箱まで、プロダクトとしての弁当箱に注目。


    ◆「おべんとう展」チケットプレゼント

    本展の招待券をあみゅーぜんの読者5組10名様にプレゼントいたします。
    締切:2018年7月8日(日)
    応募ページ:リンク(準備中)

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.