English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

ルーヴル美術館展 国立新美術館

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • ルーヴル美術館展
    肖像芸術 ―人は人をどう表現してきたか

    2018年5月30日(水)~9月3日(月)
    国立新美術館 企画展示室1E

     
    ※関連記事「東京ミッドタウンでフランス散歩」はこちら


    「肖像芸術」の魅力を紐解く、ルーヴル美術館展

    本展は、3000年以上前の古代メソポタミアの彫像や古代エジプトのマスクから19世紀ヨーロッパの絵画・彫刻まで、広範にわたる時代・地域の作品を対象として、肖像芸術の魅力に迫る本格的な展覧会です。

    ルーヴル美術館の全8部門(「古代オリエント美術」「古代エジプト美術」「古代ギリシャ・エトルリア・ローマ美術」「イスラム美術」「絵画」「彫刻」「美術工芸品」「素描・版画」)より、肖像の傑作およそ110点が大集結。

    マケドニアのアレクサンドロス大王、アウグストゥス帝などのローマ皇帝、歴代のフランス国王や王妃マリー=アントワネットなど、歴史を彩った時の権力者たちの肖像が一堂に会します。なかでも、フランス皇帝として名を馳せたナポレオンのコーナーは、大きな見どころ。

    アントワーヌ=ジャン・グロ 《アルコレ橋のボナパルト(1796年11月17日)》 1796年 Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Hervé Lewandowski /distributed by AMF-DNPartcom
    アントワーヌ=ジャン・グロ  《アルコレ橋のボナパルト(1796年11月17日)》
    1796年
    Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Hervé Lewandowski /distributed by AMF-DNPartcom


    また、16世紀ヴェネツィア派の巨匠ヴェロネーゼによる、ルーヴルが誇る肖像画の至宝《美しきナーニ》が27年ぶりに来日します。

    ヴェロネーゼ(本名パオロ・カリアーリ) 《女性の肖像》、通称《美しきナーニ》 1560年頃 Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Michel Urtado /distributed by AMF-DNPartcom
    ヴェロネーゼ(本名パオロ・カリアーリ) 《女性の肖像》、通称《美しきナーニ》
    1560年頃
    Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Michel Urtado /distributed by AMF-DNPartcom


    ◆マスク―肖像の起源

    あらゆる肖像作品に通底する「理想化・様式化」と「写実性・肖似性」という問題を象徴的に示す、古代エジプトの2つの異なるタイプのマスクを紹介。

     《女性の肖像》 2世紀後半 エジプト、テーベ(?)出土 蝋画/板(シナノキ) 33×20×0.2 cm Photo © Musée du Louvre, Dist. RMN-Grand Palais / Georges Poncet /distributed by AMF-DNPartcom
    《女性の肖像》
    2世紀後半
    エジプト、テーベ(?)出土 蝋画/板(シナノキ) 33×20×0.2 cm
    Photo © Musée du Louvre, Dist. RMN-Grand Palais / Georges Poncet /distributed by AMF-DNPartcom


    ◆記憶のための肖像

    「人の存在を記憶する」という肖像の最も古い役割に焦点を当てながら、古代から19世紀までの肖像作例を紹介。

     《女性の頭部》 150-250年 シリア、パルミラ出土 石灰岩、多色彩色の跡 29×19×14 cm Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Hervé Lewandowski /distributed by AMF-DNPartcom
    《女性の頭部》
    150-250年
    シリア、パルミラ出土 石灰岩、多色彩色の跡 29×19×14 cm
    Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Hervé Lewandowski /distributed by AMF-DNPartcom

     ジャック=ルイ・ダヴィッドと工房 《マラーの死》 1794年頃 油彩/カンヴァス 162×130 cm Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Martine Beck-Coppola /distributed by AMF-DNPartcom
    ジャック=ルイ・ダヴィッドと工房  《マラーの死》
    1794年頃 油彩/カンヴァス 162×130 cm
    Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Martine Beck-Coppola /distributed by AMF-DNPartcom


    ◆権力の顔

    肖像芸術のもう一つの役割は、権力の顕示。絶対君主や王妃・王女など、権力者の肖像表現の特質を浮かび上がらせるとともに、「精神の権威」ともいうべき哲学者や文学者の肖像も紹介。

     《アレクサンドロス大王の肖像》、 通称《アザラのヘルメス柱》 2世紀前半、リュシッポスによる原作(前330年頃)に基づきイタリアで制作 イタリア、ティヴォリ出土 大理石(ペンテリコン産) 68×32×27 cm Photo © Musée du Louvre, Dist. RMN-Grand Palais / Daniel Lebée / Carine Déambrosis /distributed by AMF-DNPartcom
    《アレクサンドロス大王の肖像》、通称《アザラのヘルメス柱》
    2世紀前半、リュシッポスによる原作(前330年頃)に基づきイタリアで制作
    イタリア、ティヴォリ出土 大理石(ペンテリコン産) 68×32×27 cm
    Photo © Musée du Louvre, Dist. RMN-Grand Palais / Daniel Lebée / Carine Déambrosis /distributed by AMF-DNPartcom

     セーヴル磁器製作所(ルイ=シモン・ボワゾに基づく) 《フランス王妃マリー=アントワネットの胸像》 1782年 ビスキュイ(素焼きの硬質磁器) 40×24×15 cm Photo © Musée du Louvre, Dist. RMN-Grand Palais / Peter Harholdt /distributed by AMF-DNPartcom
    セーヴル磁器製作所(ルイ=シモン・ボワゾに基づく)
    《フランス王妃マリー=アントワネットの胸像》
    1782年 ビスキュイ(素焼きの硬質磁器) 40×24×15 cm
    Photo © Musée du Louvre, Dist. RMN-Grand Palais / Peter Harholdt /distributed by AMF-DNPartcom


    ◆コードとモード

    ルネサンス以降、ヨーロッパ社会ではブルジョワ階級の台頭とともに、肖像のモデルも有力商人や銀行家などへと拡大。肖像芸術は肖像表現の古来の「コード」(決まった表現の仕方・表現上のルール)を踏襲しつつ、各時代・地域・社会に特有の「モード」(流行)を反映し、多様な展開を遂げました。

     サンドロ・ボッティチェリと工房 《赤い縁なし帽をかぶった若い男性の肖像》 1480-1490年頃 油彩/板 57.5×38 cm Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Michel Urtado /distributed by AMF-DNPartcom
    サンドロ・ボッティチェリと工房 《赤い縁なし帽をかぶった若い男性の肖像》
    1480-1490年頃 油彩/板 57.5×38 cm
    Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Michel Urtado /distributed by AMF-DNPartcom

     レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン 《ヴィーナスとキューピッド》 1657年頃 油彩/カンヴァス 118×90 cm Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Tony Querrec /distributed by AMF-DNPartcom
    レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン 《ヴィーナスとキューピッド》
    1657年頃 油彩/カンヴァス 118×90 cm
    Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Tony Querrec /distributed by AMF-DNPartcom


    ◆アルチンボルド―肖像の遊びと変容

    16世紀後半に活躍した奇才の画家、ジュゼッペ・アルチンボルド。ハプスブルク家の宮廷で三代にわたる神聖ローマ皇帝に仕えたアルチンボルドは、さまざまな動植物や事物を寄せ集めて構成し、複雑な寓意を込めた奇抜な人物画によって、絶大な人気を博しました。

     ジュゼッペ・アルチンボルド 《春》 1573年 油彩/カンヴァス 76×63.5 cm Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Jean-Gilles Berizzi /distributed by AMF-DNPartcom
    ジュゼッペ・アルチンボルド 《春》
    1573年 油彩/カンヴァス 76×63.5 cm
    Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Jean-Gilles Berizzi /distributed by AMF-DNPartcom


    「ルーヴル美術館展」チケット 読者プレゼント

    あみゅーぜんの読者5組10名様に抽選にて本展の無料観覧券をプレゼントいたします。
    応募締切:2018年5月20日(日)
    応募ページ:リンクはこちら
    ※応募受付は終了いたしました。
    ※抽選結果の発表は発送を以て代えさせていただきます。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.