English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

ルーヴル美術館展 国立新美術館

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • ルーヴル美術館展
    肖像芸術 ―人は人をどう表現してきたか

    2018年5月30日(水)~9月3日(月)
    国立新美術館 企画展示室1E

     


    「肖像芸術」の魅力を紐解く、ルーヴル美術館展

    本展は、3000年以上前の古代メソポタミアの彫像や古代エジプトのマスクから19世紀ヨーロッパの絵画・彫刻まで、広範にわたる時代・地域の作品を対象として、肖像芸術の魅力に迫る本格的な展覧会です。

    ルーヴル美術館の全8部門(「古代オリエント美術」「古代エジプト美術」「古代ギリシャ・エトルリア・ローマ美術」「イスラム美術」「絵画」「彫刻」「美術工芸品」「素描・版画」)より、肖像の傑作およそ110点が大集結。

    マケドニアのアレクサンドロス大王、アウグストゥス帝などのローマ皇帝、歴代のフランス国王や王妃マリー=アントワネットなど、歴史を彩った時の権力者たちの肖像が一堂に会します。なかでも、フランス皇帝として名を馳せたナポレオンのコーナーは、大きな見どころ。


    また、16世紀ヴェネツィア派の巨匠ヴェロネーゼによる、ルーヴルが誇る肖像画の至宝《美しきナーニ》が27年ぶりに来日します。


    「ルーヴル美術館展」チケット 読者プレゼント

    あみゅーぜんの読者5組10名様に抽選にて本展の無料観覧券をプレゼントいたします。
    応募締切:2018年5月20日(日)
    応募ページ:リンクはこちら
    ※応募受付は終了いたしました。
    ※抽選結果の発表は発送を以て代えさせていただきます。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.