English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

カタストロフと美術のちから展

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展
    カタストロフと美術のちから展

    2018年10月6日(土)~2019年1月20日(日)
    森美術館

     
    先行き不透明な混沌とした時代に、アートだからできること 

    東日本大震災やアメリカ同時多発テロ、リーマンショックなど世界各地で絶えず発生する「カタストロフ(大惨事)」。

    危機的な問題が山積する今日、美術は社会を襲う大惨事や個人的な悲劇とどのように向き合い、私たちが再生を遂げるためにどのような役割を果たすことができるのか。

    本展は、負を正に転ずる力学としての「美術のちから」について注目し、その可能性を問いかけます。

    カタストロフと美術のちから展(森美術館)
    オノ・ヨーコ 《色を加えるペインティング(難民船)》2016年
    ミクスト・メディア・インスタレーション サイズ可変
    展示風景:「オノ・ヨーコ:インスタレーション・アンド・パフォーマンス」マケドニア現代美術館(テッサロニキ、ギリシャ)2016年

     

    カタストロフと美術のちから展 みどころ

    開館15周年に、あらためて問う「美術のちから」

    森美術館では15周年を迎える2018年、あえて「カタストロフ」をテーマに取り上げ、今日の国際社会において、美術が果たす役割について問い直します。


    美術を通して社会と繋がり、変革をめざす作品

    オノ・ヨーコや宮島達男による鑑賞者参加型の作品、作品や活動を通して社会の変革をめざす「ソーシャリー・エンゲイジド・アート」、社会的メッセージが込められた作品を通して、美術と社会との繋がりについて考察します。

    カタストロフと美術のちから展(森美術館)
    宮島達男  《時の海 – 東北(2017 石巻)》  2017年
    防水LED、電線、集積回路、水  910×1,270cm 作家蔵
    展示風景:「リボーンアート・フェスティバル」宮城、2017年


    震災の記憶を伝える作品

    2011年の東日本大震災から、7年。いまだ復興が思うように進んでいない地域もある一方で、震災体験や記憶は風化しつつあります。本展では震災を契機に制作された作品を通して、震災の記憶を蘇らせ、議論を提起します。

    カタストロフと美術のちから展(森美術館)
    Chim↑Pom  《REAL TIMES》  2011年
    HDビデオ・インスタレーション  11分11秒
    所蔵:森美術館、東京

     

    現代美術のスーパースターから注目の若手作家まで

    トーマス・ヒルシュホーン、モナ・ハトゥム、アイザック・ジュリアン、畠山直哉、宮本隆司といったベテラン作家。ストリート・アート界のスターであるスウーン、加藤翼や平川恒太など気鋭の若手。日本初公開となるヒワ・K やヘルムット・スタラーツなど、国内外から幅広い層の作家が本展に参加します。

    カタストロフと美術のちから展(森美術館)
    スウーン 《水没した母なる地》  2014年 
    ミクスト・メディア・インスタレーション  サイズ可変 作家蔵
    展示風景:「スウーン:水没した母なる地」ブルックリン美術館、2014年
    撮影:トッド・シーリー
    *参考図版

     

    カタストロフと美術のちから展の構成

    セクション1

    地震、津波などの天災や事故や戦争といった人災、個人的な悲劇を表現した作品まで幅広く紹介しながら、「美術が惨事をどのように描いてきたのか」に焦点を当てます。

    カタストロフと美術のちから展(森美術館)
    宮本隆司  《KOBE 1995 After the Earthquake―神戸市長田区》  1995年
    ゼラチン・シルバー・プリント  51×61 cm
    所蔵:森美術館、東京


    セクション2

    破壊から創造を生みだす「美術のちから」を紹介。アーティストの豊かなイマジネーションによって、再生、復興、より良い社会が表現された作品は、私たちに理想の未来について考える想像力を与えます。

    カタストロフと美術のちから展(森美術館)
    加藤 翼 《The Lighthouses – 11.3 PROJECT》 2011年
    プロジェクトの記録写真 撮影:宮島径
    Courtesy: 無人島プロダクション

    カタストロフと美術のちから展(森美術館)
    池田 学  《誕生》  2013-16年
    ペン、アクリル・インク、透明水彩、紙、板にマウント 300×400cm
    所蔵:佐賀県立美術館  デジタルアーカイブ:凸版印刷株式会社
    Courtesy: Mizuma Art Gallery, Tokyo / Singapore
    *11月下旬から展示予定

     


    カタストロフと美術のちから展 チケットプレゼント

    本展の招待券をあみゅーぜんの読者5組10名様にプレゼントいたします。
    応募期間: 10月7日(日)~10月28日(日)
    応募ページ: リンクはこちら
    ※当選者の発表は発送を以てかえさせていただきます。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.