English français       東京の文化、アート、おでかけメディア
  • 森美術館「未来と芸術展」
    3Dウォークスルー 特別公開

     
    森美術館は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため臨時休館中。

    ウェブサイト内にオンライン・プログラム「Mori Art Museum Digital」を開設し、おうちで楽しむ・遊ぶ・学ぶ期間限定のプログラム「Stay Home, Stay Creative, MAM@HOME」を公開中です。

    写真(すべて):「未来と芸術展」3Dウォークスルー

     

    「未来と芸術展」3Dウォークスルー特別公開

    中でもとっておきのコンテンツが、「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか」の3Dウォークスルー特別公開。

    現代美術が大好きな方も、興味のなかった方も、一度見た方も、見逃してしまった方も、新たな発見が満載のウォークスルー体験はおススメです。

    森美術館「未来と芸術展」3Dウォークスルー 特別公開

    「未来と芸術展」のテーマは、AI、バイオ技術、ロボット工学、AR(拡張現実)など最先端のテクノロジーと、その影響を受けて生まれたアート、デザイン、建築を通して未来を考えること。100点を越えるプロジェクトや作品が紹介されました。

    しかし、本展は、臨時休館のために、会期終了を待たずに閉幕となってしまいました。

    森美術館「未来と芸術展」3Dウォークスルー 特別公開

    今回、特別公開されている「3Dウォークスルー」は、休館中の館内を撮影して制作されました。

    自由な角度で作品を鑑賞できるだけでなく、解説パネルや、各ポイントで本展を企画した南條史生 森美術館特別顧問(森美術館前館長)の動画解説が見られます。

    森美術館「未来と芸術展」3Dウォークスルー 特別公開

    森美術館「未来と芸術展」3Dウォークスルー 特別公開

    森美術館「未来と芸術展」3Dウォークスルー 特別公開

    臨時休館中の期間限定公開をお見逃しなく!
    こちらからご覧ください(画像をクリック)。

    森美術館「未来と芸術展」3Dウォークスルー 特別公開

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

Share.

Comments are closed.