English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

「マルセル・デュシャンと日本美術」展

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 東京国立博物館・フィラデルフィア美術館交流企画特別展
    「マルセル・デュシャンと日本美術」

    2018年10月2日(火)~12月9日(日)
    東京国立博物館

     
    マルセル・デュシャン(1887 – 1968)は、「現代美術の父」とも称され、主にアメリカで活躍したフランス出身のアーティスト。伝統的な西洋芸術の価値観を大きく揺るがし、20世紀の美術に衝撃的な影響を与えた作家として知られています。

     
    《泉》の横に座るデュシャン
    撮影者不明
    1965年
    Philadelphia Museum of Art, Library and Archives: Gift of Jacqueline, Paul and Peter Matisse in memory of their mother Alexina Duchamp


    今秋、東京国立博物館では、「マルセル・デュシャンと日本美術」展が開催されます。

    本展は二部構成で、第一部「デュシャン 人と作品」展はフィラデルフィア美術館が企画・監修する国際巡回展、第二部「デュシャンの向こうに日本がみえる。」は東京国立博物館の日本美術コレクションから、400年前の「レディメイド」、日本のリアリズム、時間表現、オリジナルとコピーなど、その新たな楽しみ方を提案します。

     

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.