English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド

    2019年2月9日(土)~4月7日(日)
    東京都美術館

     
    本展は、1970年に刊行された美術史家・辻惟雄による『奇想の系譜』に基づく、江戸時代の「奇想の絵画」の決定版です。

    『奇想の系譜』で紹介されたのは、それまでまとまって書籍や展覧会で紹介されたことがない、因襲の殻を打ち破り意表を突く、自由で斬新な発想で、非日常的な世界に誘われる絵画の数々でした。それから半世紀近くたった今日、かつては江戸時代絵画史の傍流とされてきた画家たちが、現代にも通じる革新性によって、熱狂的ともいえる人気を集めています。

    本展では『奇想の系譜』で取り上げられた6名の画家、岩佐又兵衛狩野山雪伊藤若冲曽我蕭白長沢芦雪歌川国芳に、白隠慧鶴鈴木其一を加えた8人の代表作が一堂に会します。

    多数の重要文化財を含む作品群とともに、豊かな想像力、奇想天外な発想にみちた江戸絵画の魅力を、現代の視点から新しい「奇想の系譜」として紹介します。


    奇想の系譜展 みどころ

    ◆幻想の博物誌 伊藤若冲(いとう じゃくちゅう 1716~1800)

    写実と想像を巧みに融合させ、濃密な色彩を使い精緻に描かれた花鳥画から、黒の濃淡を自在に操り、確かな画力を駆使して描かれた水墨画まで、個性的で多彩な作品が多数。

    奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド
    伊藤若冲 《紫陽花双鶏図》 絹本着色 一幅 139.4×85.1cm 江戸時代中期(18世紀)
    米国・エツコ&ジョー・プライスコレクション

    奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド
    伊藤若冲 《象と鯨図屛風》(左隻) 紙本墨画 六曲一双 159.4×354.0cm 寛政9年(1797)
    滋賀・MIHO MUSEUM

    奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド
    伊藤若冲 《象と鯨図屛風》 紙本墨画 六曲一双(右隻)159.4×354.0cm 寛政9年(1797)
    滋賀・MIHO MUSEUM

    奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド
    伊藤若冲 《梔子雄鶏図》 絹本着色 一幅 85.8×43.1cm 江戸時代中期(18世紀) 個人蔵

     


    ◆醒めたグロテスク 曽我蕭白(そが しょうはく 1730~1781)

    漢画を学び中国の仙人など伝統的な故事を多く描くも、その表現は独創的で狂気に満ち、時に見る者の神経を逆なでし、混沌の渦へとおとしいれる。

    奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド
    曽我蕭白 《雪山童子図》 紙本着色 一幅 169.8×124.8cm 明和元年(1764)頃 三重・継松寺

    奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド
    曽我蕭白 《群仙図屏風》(左隻) 紙本着色 六曲一双 各172.0×378.0cm 明和元年(1764) 文化庁 重要文化財
    【展示期間:3月12日~4月7日】

    奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド
    曽我蕭白 《群仙図屏風》(右隻) 紙本着色 六曲一双 各172.0×378.0cm 明和元年(1764) 文化庁 重要文化財
    【展示期間:3月12日~4月7日】

     

    ◆京のエンターテイナー 長沢芦雪(ながさわ ろせつ 1754~1799)

    円山応挙に師事。大胆な構図と才気あふれる奔放な筆法で独自の画境を拓く。遊び心あふれる個性的な作品多数。

    奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド
    長沢芦雪 《白象黒牛図屏風》(左隻) 紙本墨画 六曲一双 各155.3×359.0cm 江戸時代中期(18世紀)
    米国・エツコ&ジョー・プライスコレクション

    奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド
    長沢芦雪 《白象黒牛図屏風》(右隻) 紙本墨画 六曲一双 各155.3×359.0cm 江戸時代中期(18世紀)
    米国・エツコ&ジョー・プライスコレクション

    奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド
    長沢芦雪 《猿猴弄柿図》 絹本着色 一幅 104.0×37.7cm 江戸時代中期(18世紀) 個人蔵

     

    ◆執念のドラマ 岩佐又兵衛(いわさ またべえ 1578~1650)

    大和絵と漢画双方の高度な技術を完璧に習得。どの流派にも属さず、個性的な感覚と画風で後の絵師に多大な影響を与える。

    奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド
    岩佐又兵衛 《山中常盤物語絵巻 第四巻(十二巻のうち)》 紙本着色 一巻 34.1×1259.0cm 江戸時代初期(17世紀前半) 静岡・MOA美術館
    重要文化財 【展示期間:2月9日~3月10日】

     

    ◆狩野派きっての知性派 狩野山雪(かのう さんせつ 1590~1651)

    伝統的な画題を独自の視点で再解釈し、理知的な幾何学的構図で知られる。妙心寺など京都の大寺院のための作画多数。

    奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド
    狩野山雪 《梅花遊禽図襖絵》 紙本金地着色 四面 各184.0×94.0cm 寛永8年(1631)
    京都・天球院
    重要文化財

     

    ◆江戸琳派の鬼才 鈴木其一(すずき きいつ 1796~1858)

    尾形光琳に私淑した江戸琳派の祖、酒井抱一に師事。師の没後は、自然の景物を人工的に再構成する個性的な作風に傾斜。

    奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド
    鈴木其一 《百鳥百獣図》(左) 絹本着色 双幅 各138.0×70.7cm 天保14年(1843)
    米国・サンアントニオ美術館

    奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド
    鈴木其一 《百鳥百獣図》(右) 絹本着色 双幅 各138.0×70.7cm 天保14年(1843)
    米国・サンアントニオ美術館


    ◆奇想の起爆剤 白隠慧鶴(はくいん えかく 1685~1768)

    臨済宗中興の祖と称される禅僧。「不立文字(ふりつもんじ)」とする禅宗において、白隠は仏の教えを伝える大胆で一見ユーモラスな書画を多く制作。

    奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド
    白隠慧鶴 《半身達磨図》 紙本着色 一幅 192.0×112.0cm 江戸時代(18世紀) 大分・萬壽寺


    ◆幕末浮世絵七変化 歌川国芳(うたがわ くによし 1797~1861)

    役者絵の国貞、風景画の広重、武者絵の国芳として名を馳せる。戯画、美人画、洋風風景画にも発想豊かな近代的感覚を取り込む一方、役者絵や風刺画など、幕府の取り締まりをかいくぐり、機知に富んだ作品で庶民の支持を博す。

    奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド
    歌川国芳 《宮本武蔵の鯨退治》 大判錦絵三枚続 弘化4年(1847)頃 個人蔵

     

    奇想の系譜展 チケットプレゼント

    本展の招待券をあみゅーぜんの読者5組10名様にプレゼントいたします。
    応募ページリンク(準備中)
    ※応募受付の開始は、あみゅーぜんのFacebook ページにてお知らせします。
    ※当選者の発表は発送を以てかえさせていただきます。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.