English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 生誕260年記念企画
    特別展「北斎づくし」

    2021年7月22日(木・祝)~9月17日(金)
    東京ミッドタウン・ホール

     

     

    20歳で浮世絵師としてデビューしてから90歳で没するまでの70年間、常に挑戦を続けて森羅万象を描き抜こうとした、”画狂” の絵師・葛飾北斎(1760-1849)。

    その生誕260年を記念し、代表作である『北斎漫画』『冨嶽三十六景』『富嶽百景』の全頁・全点・全図が一堂に会する前代未聞の特別展が東京ミッドタウン(六本木)にて開催されます。

    また、本展「北斎づくし」との連携企画として、写真展「富士山づくし」が富士フイルムフォトサロン東京にて開催されます。

     

    特別展「北斎づくし」のみどころ

    北斎を尊敬してやまない豪華メンバーが集結。世界で最も有名な日本の絵師・北斎が持つ、過剰なほど多彩な側面のすべてと出会える「北斎づくし」の空間が展開します。

    特別展「北斎づくし」東京ミッドタウン

    建築家・田根剛氏によるデジタル展示プラン (イメージは構想段階のものです)

     


    1.《北斎漫画》《冨嶽三十六景》《富嶽百景》の全頁・全点・全図を展示

    ◆北斎漫画(初編~15編 全883頁)

    『北斎漫画』は、北斎が森羅万象を描いた全15編の絵手本。江戸の風俗、職人の作業の様子を始めとして、動植物、風景、建築、人物、故事から妖怪に至るまで、約3,600図が生き生きと描かれている。

    本展では、全頁を同時に展示するため、約500冊の『北斎漫画』が一挙集結! まるで「北斎漫画の森」のような空間が現出。

     

    特別展「北斎づくし」東京ミッドタウン

    葛飾北斎 『北斎漫画』三編 浦上満氏蔵

    特別展「北斎づくし」東京ミッドタウン

    葛飾北斎 『北斎漫画』十二編 浦上満氏蔵

    特別展「北斎づくし」東京ミッドタウン

    葛飾北斎 『北斎漫画』十二編 浦上満氏蔵

    特別展「北斎づくし」東京ミッドタウン

    葛飾北斎 『北斎漫画』十編 浦上満氏蔵

    特別展「北斎づくし」東京ミッドタウン

    葛飾北斎 『北斎漫画』三編 浦上満氏蔵

     


    ◆冨嶽三十六景(全46点)

    『冨嶽三十六景』は、北斎が富士山を主題として描いた大判錦絵の風景画揃物。藍の主版を用いた36 点に加え、墨の主版を用いた10点の計46点で構成。

    「凱風快晴」(通称:赤富士)や「神奈川沖浪裏」(通称:大波)は、圧倒的な知名度を有し、世界中で日本のアイコンとして浸透している。

     

    特別展「北斎づくし」東京ミッドタウン

    葛飾北斎 「冨嶽三十六景 常州牛堀」 山口県立萩美術館・浦上記念館蔵

    特別展「北斎づくし」東京ミッドタウン

    葛飾北斎 「冨嶽三十六景 甲州三坂水面」 山口県立萩美術館・浦上記念館蔵(チコチンコレクション)

    特別展「北斎づくし」東京ミッドタウン

    葛飾北斎 「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」 山口県立萩美術館・浦上記念館蔵(浦上コレクション)

    特別展「北斎づくし」東京ミッドタウン

    葛飾北斎 「冨嶽三十六景 山下白雨」 山口県立萩美術館・浦上記念館蔵(浦上コレクション)

     


    ◆富嶽百景(全102 図)

    『富嶽百景』は、富士山にまつわる神話や伝説を踏まえて、北斎が四季折々の富士山の姿を描いた絵本。初編・二編・三編の3冊に計102図を収めており、北斎絵本の最高傑作といわれる。

    本展では、『富嶽百景(初編~3編)』全102図が通期で展示。

     

    特別展「北斎づくし」東京ミッドタウン

    葛飾北斎 『富嶽百景』初編 浦上満氏蔵

    特別展「北斎づくし」東京ミッドタウン

    葛飾北斎 『富嶽百景』初編 浦上満氏蔵

    特別展「北斎づくし」東京ミッドタウン

    葛飾北斎 『富嶽百景』初編 浦上満氏蔵

    特別展「北斎づくし」東京ミッドタウン

    葛飾北斎 『富嶽百景』二編 浦上満氏蔵

     

    2.”画狂”の絵師・北斎の魅力を引き出す、豪華メンバー

    本展には、世界一の北斎漫画コレクター・ 浦上満(浦上蒼穹堂)が全面協力。全15巻・全 883頁からなる『北斎漫画』の全点、『富嶽百景(初編~3編)』全102図を通期で一挙公開する、空前絶後の試みが実現します。

    「北斎づくし」の空間デザインは、フランスで爆発的な人気を博した「北斎展」(2014年、グラン・パレ美術館)の会場デザインも手掛けた建築家・田根剛

    本展のキービジュアル、及び北斎の世界観を表現する会場グラフィックは、アートディレクター・祖父江慎

     
    特別展「北斎づくし」東京ミッドタウン

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.