English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

東山魁夷展 国立新美術館

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 生誕110年 東山魁夷展(東京展)

    2018年10月24日(水)~12月3日(月)
    国立新美術館

     
    東山魁夷の生誕110年を記念して開かれる本展では、《》《残照》《緑響く》などの代表作のほか、北欧、ドイツ、京都を描いた作品など約80点の名品とともに、その画業の全貌を辿ります。

    また、東山芸術の記念碑的大作、奈良は唐招提寺(とうしょうだいじ)御影堂(みえいどう)の障壁画が再現展示される貴重な機会となります。

    《道》   1950年、東山魁夷、東京国立近代美術館蔵
    《道》 1950年、東山魁夷、東京国立近代美術館蔵


    東山魁夷(ひがしやま かいい 1908~1999)

    東山魁夷は、戦後を代表する日本画家として名高く、深い精神性をたたえた風景画で知られています。横浜に生まれ、東京美術学校を卒業後、ドイツに2年留学。戦中戦後の苦難の時代を経て、四季や自然、古都の街並みなど、抒情性豊かな風景画を描きました。

    《緑響く》  1982年、東山魁夷、長野県信濃美術館 東山魁夷館蔵
    《緑響く》 1982年、東山魁夷、長野県信濃美術館 東山魁夷館蔵

    《残照》 1947年、東山魁夷、東京国立近代美術館蔵
    《残照》 1947年、東山魁夷、東京国立近代美術館蔵


    東山魁夷展のみどころ

    北欧

    1962年に北欧を旅して、帰国後、連作を発表。幻想的で清澄な画面が評価される。また、青い色が多用されたことから「青の画家」というイメージが生まれる。

    《冬華》1964年、東山魁夷、東京国立近代美術館蔵
    《冬華》 1964年、東山魁夷、東京国立近代美術館蔵


    古都・京都

    皇居の新宮殿の大壁画制作に伴い、日本古来のモティーフを求めて京都へ。大壁画の完成と同年の1968年、連作《京洛四季》を発表。

    《花明り》  1968年、東山魁夷、株式会社大和証券グループ本社蔵
    《花明り》 1968年、東山魁夷、株式会社大和証券グループ本社蔵


    ドイツ、オーストリア

    1969年、かつての留学先のドイツ、オーストリアへと旅立つ。多くの建物や街並みを描く。


    唐招提寺御影堂の障壁画

    唐招提寺の開山・鑑真和上の座像を安置する御影堂の障壁画、厨子扉絵、ふすま絵の制作を1971年に受諾、10年をかけて順に奉納。本展では、ふすま絵と床の壁面全68面を再現。

    唐招提寺御影堂障壁画のうち、《山雲》(部分)、1975年、東山魁夷、唐招提寺蔵
    唐招提寺御影堂障壁画のうち、《山雲》(部分)1975年、東山魁夷、唐招提寺蔵

    唐招提寺御影堂障壁画のうち、《濤声》(部分)、1975年、東山魁夷、唐招提寺蔵
    唐招提寺御影堂障壁画のうち、《濤声》(部分)1975年、東山魁夷、唐招提寺蔵


    自然

    70歳を超え、多忙を極める東山。描くことが祈りとなり、もはや日本でも外国でもなく、心の中に形作られた風景を鮮やかに描きだす。

    《行く秋》 1990年、東山魁夷、長野県信濃美術館 東山魁夷館蔵
    《行く秋》 1990年、東山魁夷、長野県信濃美術館 東山魁夷館蔵

    《白い朝》 1980年、東山魁夷、東京国立近代美術館蔵
    《白い朝》 1980年、東山魁夷、東京国立近代美術館蔵

    《夕星》 1999年、東山魁夷、長野県信濃美術館 東山魁夷館蔵
    《夕星》 1999年、東山魁夷、長野県信濃美術館 東山魁夷館蔵


    生誕110年 東山魁夷展 チケットプレゼント

    本展の招待券をあみゅーぜんの読者5組10名様にプレゼントいたします。

    応募ページ:リンク(準備中)

    ※応募受付開始はあみゅーぜんのFacebook ページ等にてお知らせします。
    ※当選者の発表は発送を以てかえさせていただきます。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.