English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

第13回恵比寿映像祭

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 第13回恵比寿映像祭

    2021年2月5日(金)~21日(日)
    東京都写真美術館 ほか

     

     

    毎年、恵比寿エリアで開催される恵比寿映像祭。13回目となる今回は「映像の気持ち」を総合テーマに、多様な映像表現を紹介します。

     


    第13回恵比寿映像祭のみどころ

    ◆テーマ:映像の気持ち

    テレビ、スマートフォン、街中の広告ディスプレイ、ゲームをはじめ、21世紀の生活のいたるところにあふれている映像(動画)。

    第13回恵比寿映像祭では、見る人の感情を動かす映像の力に着目。「動画」であるということに焦点を当て、表現の成り立ち、質感、作用などの観点から映像の楽しみ方を広げる、多彩な作品やプログラムを紹介します。

    ◆出品予定作家

    赤松正行+ARARTプロジェクト
    カワイオカムラ
    渡辺豪
    トニー・アウスラー
    チョ・ヨンガク
    木本圭子
    ぺトラ・コートライト
    松本力
    シシヤマザキ
    ほか

    第13回恵比寿映像祭

    赤松正行+ARARTプロジェクト《ウロボロスのトーチ》2012年

    第13回恵比寿映像祭

    カワイオカムラ《ムード・ホール》2019年[参考図版]

    第13回恵比寿映像祭

    木本圭子《Imaginary・Numbers 2006》2006年

    第13回恵比寿映像祭

    シシヤマザキ《とにかくなにかをはじめよう》2020年

    第13回恵比寿映像祭

    チョ・ヨンガク《道路は流星のように》2019年[参考画像]

     


    ◆映像とともに楽しむプログラム

    トークセッションやシンポジウムなど、多彩なプログラムとともに映像が楽しめます。

     
    第13回恵比寿映像祭

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.