English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

第11回恵比寿映像祭

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • 第11回恵比寿映像祭
    トランスポジション 変わる術

    2019年2月8日(金)~24日(日)
    東京都写真美術館ほか

     
    毎年、恵比寿エリアで開催される恵比寿映像祭

    11回目となる今年は「トランスポジション 変わる術」を総合テーマに、様々な時代やジャンルの映像やアートを紹介します。

    15日間の祭典には、劇場作品やドキュメンタリー、メディアアートや実験映像、インスタレーションからパフォーマンスまで、多彩な作品が国内外から集結。

    26の国と地域から76名の作家およびゲストが参加します。


    恵比寿映像祭のみどころ ピックアップ

    テーマ:トランスポジション 変わる術

    「トランスポジション」とは位置を移すこと、置き換えること、設定を変えることなどを意味します。

    今年の恵比寿映像祭では、メディアや制作方法、時空や視点、異文化、身体観や世界観など、様々な視点での「トランスポジション」に焦点を当て、映像やアート作品を紹介します。

    恵比寿映像祭 2019

     

    映像作品の上映

    ワールドプレミアとなる 三宅唱《無言日記2018》、アジアプレミアとなる草野なつか《王国(あるいはその家について)》(150分版)などの話題の作品から、注目の新鋭作家の作品まで、バラエティに富んだ作品を上映。

    また、赤ちゃんも参加できるバスター・キートン《キートンの探偵学入門》(1924)の上映会、小学生向けワークショップスペシャルトーク映画上映後に、音楽ライブを行う上映会など、イベント多数。

    【ところ】東京都写真美術館1Fホール

    恵比寿映像祭 2019
    バスター・キートン《キートンの探偵学入門》1924

     


    アート作品の展示

    ◆東京都写真美術館での展示

    デヴィッド・オライリーによる3DCG作品、ユニヴァーサル・エヴリシングによる最新インスタレーションなど、さまざまな「トランスポジション」を示す多彩な作品群を展示。

    【ところ】東京都写真美術館3F・2F・B1F展示室

    恵比寿映像祭 2019
    デヴィッド・オライリー《エヴリシング》2017/ヴィデオ・ゲーム
    © David OReilly

    恵比寿映像祭 2019
    ユニヴァーサル・エヴリシング《トライブス》2018/インスタレーション[展示スケッチ]

     


    ◆さわひらき《platter》

    【ところ】恵比寿ガーデンプレイス センター広場

    恵比寿映像祭 2019
    さわひらき《absent》2018[参考図版]

     

    ◆三宅唱+YCAM《ワールドツアー》

    【ところ】日仏会館ギャラリー

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.