English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

ボテロ展 ふくよかな魔法

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • ボテロ展 ふくよかな魔法

    2022年4月29日(金・祝)〜7月3日(日)
    Bunkamura ザ・ミュージアム

     

     

    国内では26年ぶりとなる、巨匠フェルナンド・ボテロ(1932~)の大規模展が開催されます。

    本展はBunkamura ザ・ミュージアムでの東京展の後、名古屋、京都に巡回予定。

     

    ボテロ展 ふくよかな魔法|あみゅーぜん

    フェルナンド・ボテロ
    《オレンジ》 
    2008年 油彩/カンヴァス

     


    フェルナンド・ボテロ

    南米コロンビア出身の美術家、フェルナンド・ボテロ(1932~)。

    1963年、ニューヨーク近代美術館(MoMA)で《12歳のモナ・リザ》(※本展には出展せず)の展示を契機に一躍注目を浴びます。

    ボテロ作品を特徴づけているのは、あらゆるかたちがふくらんでいるということ。

    彼のモチーフは、人物も動物もふくよかで、果物は熟れきっているかのように膨らみ、楽器や日用品さえも膨張しています。

    ボリュームを与えられた対象には、官能、ユーモアやアイロニーなど複雑な意味合いが含まれ、観る人のさまざまな感覚に力強く訴えかけます。それはボテロ独特の「魔法」ともいえるもので、世界中で注目され続ける理由がそこにあります。

     

    ボテロ展 ふくよかな魔法|あみゅーぜん

    フェルナンド・ボテロ
    《踊る人たち》 
    2002年 パステル/紙

     

    ボテロ展 ふくよかな魔法|あみゅーぜん

    フェルナンド・ボテロ
    《バルコニーから落ちる女》 
    1994年 パステル/紙

     

    ボテロ展 ふくよかな魔法|あみゅーぜん

    フェルナンド・ボテロ
    《通り》 
    2000年 油彩/カンヴァス

     

     


    「ボテロ展 ふくよかな魔法」のみどころ

    ◆モナ・リザの横顔、世界初公開

    ボテロ展 ふくよかな魔法|あみゅーぜん

    フェルナンド・ボテロ
    《モナ・リザの横顔》 
    2020年 油彩/カンヴァス

     


    ◆国内では26年ぶりの大規模展

     

    ボテロ展 ふくよかな魔法|あみゅーぜん

    フェルナンド・ボテロ
    《コロンビアの聖母》 
    1992年 油彩/カンヴァス

     

    ボテロ展 ふくよかな魔法|あみゅーぜん

    フェルナンド・ボテロ
    《アルノルフィーニ夫妻(ファン・エイクにならって)》 
    2006年 油彩/カンヴァス

     


    ◆世界中で愛される、ふくよかな作品

     

    ボテロ展 ふくよかな魔法|あみゅーぜん

    フェルナンド・ボテロ
    《バーレッスン中のバレリーナ》 
    2001年 油彩/カンヴァス

     

    ボテロ展 ふくよかな魔法|あみゅーぜん

    フェルナンド・ボテロ
    《空中ブランコ乗り》 
    2007年 油彩/カンヴァス

     


    ◆なぜ、ふくよかな絵を描き続けるのか?

     

    ボテロ展 ふくよかな魔法|あみゅーぜん

    フェルナンド・ボテロ
    《泣く女》 
    1949年 水彩/紙

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.