English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

バンクシー展 原宿

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • バンクシー展 天才か反逆者か

    2021年12月12日(日)~2022年3月8日(火)
    WITH HARAJUKU

     

     


    ☞ 実際の様子はこちら(レポートを読む)

     

    2018年からモスクワ、マドリード、香港、ニューヨーク、LA、日本各都市など累計300万人以上を動員する展覧会『BANKSY展 GENIUS OR VANDAL?(バンクシー展 天才か反逆者か)』。

    横浜、大阪、名古屋、福岡、広島を経て、東京展が2021年12月12日~2022年3月8日まで開催されます(その後、札幌に巡回予定)。

     


    70点以上のバンクシー作品を原宿駅前で展覧!

    社会風刺を凝らしたグラフィティアートやストリートアートで強いメッセージを発信し続け、世界で最も注目を集めるアーティストの一人、バンクシー

    貴重なオリジナル作品を含む、版画、立体オブジェクトなど70点以上のバンクシー作品を始め、映像やポスターなど計100点以上が過去最大級の規模で原宿に集結します。

    日本でも多くの人に知られる平和へのメッセージが込められた『ラブ・イズ・イン・ジ・エアー』、希望を願う『ガール・ウィズ・バルーン』、社会的弱者をドブネズミに重ねた「ラット」シリーズを始め、関東初登場となる『ラブ・イズ・イン・ジ・エア』の三部作版『スロウアー』、ロンドンの湖水泳場に設置された標識の作品『ノー・スイミング』など、コレクター所有作を中心とした貴重な作品を紹介します。

    バンクシーとは何者か。

    バンクシーアートの世界に浸り、その世界観を原宿で体験!

     


    ☞ 実際の様子はこちら(レポートを読む)

     

    ◆関連記事: ☞ バンクシー展 天才か反逆者か(横浜)(リンク)

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.