English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

バンクシー展(原宿)VR体験 レポート

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • バンクシーVRストリート
    (バンクシー展 天才か反逆者か)

    2022年1月17日(月)~3月8日(火)
    WITH HARAJUKU

     

     

    東京の原宿駅前に開催中の世界巡回展『BANKSY展 GENIUS OR VANDAL?(バンクシー展 天才か反逆者か)』。

    NYで大人気コンテンツ「バンクシーVRストリート」が日本に初上陸!

    世界のストリートに現存しない幻のバンクシーアートや話題の作品も登場するVRコンテンツが同会場内(別室)で見られます(※料金別途)。

     


    「バンクシーVRストリート」はここがすごい

    幻のバンクシーのストリートアートが登場!

    VRで巡る、世界中のバンクシー作品に出会う旅。

    本展覧会の企画製作を行っている「IQ ART MANAGEMENT社」(ロシア)は長年、バンクシーのストリートアートが世界で出現した情報を得ると、
    スタッフを各地へ派遣し、映像や画像に収めています。

    今回登場する新コンテンツは、歴史感じる重厚な建物や石畳が特徴の美しいバンクシーの故郷ブリストルから始まり、ロンドンパリロサンゼルスニューヨークパレスチナの街並みを再現し、その街並みにバンクシーがストリートに残してきたアートをVRでウォークスルーしながら楽しめるというものです。

    約15分の映像の中に、現在では既に消えてしまった幻の作品を含め130点のバンクシーのストリートアートに出会う事が可能です。

     


    バンクシーVRストリートを体験!

    注意事項やVR ゴーグルの装着方法、コンテンツを楽しむ方法について一通りのガイダンスを受けた後、いよいよVR 旅はイギリス・ブリストルの街からスタート!

    リアル感たっぷりにストリートを進みます。石畳や場末の街並みなど、再現度が高く、まるで本当にその街に旅行して、バンクシーのアート巡りをしているようです。

    会場で見た作品を始め、次々とバンクシーのグラフィティが登場します。

    橋下のシーンではキング・ロボとバンクシーの「グラフィティ対決」のエビソードも表現されています。

    時折、バンクシーと思しき人物がストリートを横切って走り去って行きます。グラフィティを描き終えたら、捕まる前に逃走する。その臨場感!

    街並みは横も後ろも、360度見渡せるようになっています。

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.