English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

あやしい絵展 東京国立近代美術館

0

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • あやしい絵展

    2021年3月23日(火)~5月16日(日)
    東京国立近代美術館

     

     

    グロテスク、エロティック、退廃的、神秘的、ミステリアス・・・。

    美しいだけではくくることのできない魅力を持つ、「あやしい絵」。

    本展では幕末から昭和初期に制作された絵画、版画、雑誌や書籍の挿図などから、こうした表現を「あやしい絵」として紹介します

     


    あやしい絵展のみどころ

    一度見たら忘れられない、ディープな「あやしい」魅力にあふれた作品が勢揃いします。

    日本近代の美術における美しさの「陰画(ネガ)」に加え、アルフォンス・ミュシャダンテ・ガブリエル・ロセッティをはじめ、日本の画家達に影響を与えた西洋美術の作品もあわせて紹介します。

    会場であやしい表現を読み解く旅をナビゲートするのは、稲垣仲静の「」。

    音声ガイドのナビゲーターは、声優 平川大輔(劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 ほかの吹替で活躍中)が務めます。

     


    ◆ 幕末・激動の時代の奇怪、凄惨、エロティック

    あやしい絵展 東京国立近代美術館

    月岡芳年 《『魁題百撰相』のうち 辻弥兵衛盛昌》
    明治元年、町田市立国際版画美術館、後期展示(4月20日~5月16日)

    あやしい絵展 東京国立近代美術館

    曾我蕭白 《美人図》
    江戸時代(18世紀)、奈良県立美術館、東京展のみ、3月23日~4月4日

     

    ◆ 明治以降、西洋化と新思想とともに赤裸々になる欲望

    あやしい絵展 東京国立近代美術館

    藤島武二 《婦人と朝顔》
    明治37年、個人蔵、通期展示

    あやしい絵展 東京国立近代美術館

    藤島武二 《鳳(与謝野)晶子『みだれ髪』装幀》
    明治34年、明星大学、通期展示

    あやしい絵展 東京国立近代美術館

    ダンテ・ガブリエル・ロセッティ 《マドンナ・ピエトラ》
    1874年、郡山市立美術館、通期展示

     


    ◆ 明治中頃からの耽美主義、幻想主義文学

    あやしい絵展 東京国立近代美術館

    水島爾保布 《谷崎潤一郎『人魚の嘆き・魔術師』(春陽堂、大正8年)挿絵》
    大正8年、弥生美術館、後期展示(4月20日~5月16日)

     

    ◆ 明治後半以降、大衆的・表面的な美への抵抗

    あやしい絵展 東京国立近代美術館

    甲斐庄楠音 《横櫛》
      大正5年頃、京都国立近代美術館、通期展示

    あやしい絵展 東京国立近代美術館

    島成園 《無題》
        大正7年、大阪市立美術館、前期展示(3月23日~4月18日)

     

    ◆ 一途な感情と狂気

    あやしい絵展 東京国立近代美術館

    上村松園 《焰》 
        大正7年、東京国立博物館、東京展のみ、3月23日~4月4日


    ◆ 大正モダンと退廃、エログロブームとその後

    あやしい絵展 東京国立近代美術館

    高畠華宵 《『少女画報』 大正14年8月号 表紙》
        大正14年、弥生美術館、前期展示(3月23日~4月18日)

    あやしい絵展 東京国立近代美術館

    小村雪岱 《刺青(邦枝完二「お傳地獄」挿絵原画(『名作挿画全集』のための))》
        昭和10年、埼玉県立近代美術館、前期展示(3月23日~4月18日)

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.