English français       東京の文化、アート、おでかけメディア

1ページ (1/2)「概要」  2 次のページ

  • ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム 2018 ~江戸・金魚の涼~ & ナイトアクアリウム

    2018年7月6日(金)~9月24日(月・祝)
    日本橋三井ホール

     
    アートアクアリウムアーティスト 木村英智が手掛ける、“アート、デザイン、エンターテイメント”と“アクアリウム” が融合した「アートアクアリウム」。

    12年目を迎える2018年は、金魚文化が花開いた東京・日本橋に加え、4年ぶりに名古屋で開催されるほか、中国の上海で初開催されます。

    アートアクアリウム 2018 ~江戸・金魚の涼~ & ナイトアクアリウム_02


    金魚を見上げて観賞する新作や錦鯉も登場

    江戸・金魚の涼”をテーマに、江戸時代に日本橋で金魚が庶民文化として根付き、金魚を観賞して涼をとっていた文化を現代に蘇らせ、江戸時代の花街に彷徨いこんだかのような非日常的な“涼”世界が展開します。

    2018年、東京会場では「真の日本」をコンセプトに、日本の美の一つともいえる金魚や錦鯉を中心とした合計約8,000匹の観賞魚が日本的な作品の中を優雅に舞い泳ぎます。

    泳ぐ宝石とも呼ばれ、日本の文化そして芸術として親しまれてきた“錦鯉”。そのルーツである新潟県山古志村から取り寄せられた最高級品種の錦鯉が、煌びやかに会場を彩ります。


    展示作品ハイライト(東京会場)

    約3,000匹の金魚が舞い泳ぐ「アートアクアリウム」史上最大の作品「超・花魁」。

    アートアクアリウム_「超・花魁」

    地球をイメージした直径1.5mの球体の水槽の中を錦鯉が乱舞する作品「アースアクアリウム・ジャポニズム」。

    アートアクアリウム__「アースアクアリウム・ジャポニズム」

    江戸時代の豪商が、ガラスの水槽を天井に作り、金魚を見上げて観賞していたという伝説を現代に蘇らせた「天井金魚(仮称)」(新作)。

    アートアクアリウム_2018年新作「天井金魚(仮称)」CGイメージ

    屏風をモチーフにしたアクアリウムに日本の美術史の移り変わりを表現した映像を投影した幅約5.4mの大型作品「巨大屏風絵図(仮称)」(新作)。

    過去の展示作品「ビョウブリウム」。 東京会場では屏風をモチーフにした大型の新作「巨大屏風絵図(仮称)」が登場する。
    過去の展示作品「ビョウブリウム」。
    東京会場では屏風をモチーフにした大型の新作「巨大屏風絵図(仮称)」が登場する。


    ナイトアクアリウム

    19時からの「ナイトアクアリウム」では、会場内でドリンクを楽しみながら作品鑑賞! 能や狂言、祇園の舞妓・芸妓による京舞、大衆演劇による華麗な花魁の舞など、日本の伝統芸能や国内外で話題のDJプレイやジャズバンドのライブなど、スペシャルステージも開催されます(詳細HP)。

    「アートアクアリウム2018」広報大使

    上戸彩(女優)が本展の広報大使に就任。

    アートアクアリウム2018広報大使_上戸彩さん

※情報は掲載時のものであり、変更されることもあります。詳細は主催者にご確認ください。

1ページ「概要」/  2ページ「インフォメーション」

1 2
Share.

Comments are closed.